偶然に身を任せ

2020年秋季準1級合格・日仏会館賞
橋爪 健
大学生・埼玉県

僕の言語との関係が深まったのは高校二年生の夏でした。(英語ですが)当時、学校主催のスピーチコンテストがあり、それに参加するか迷っていました。参加申し込み締め切り日の放課後、「やっぱり自分には合わないから参加しないでいいか」と思いながら廊下をぶらついていたら偶然ポジティブな友達に会い、その10分後には参加の申し込みを済ませていました。今振り返ってみると、心の中では参加したかったけど誰かに背中を押してもらうのを待っていたんだと思います。スピーチコンテスト以降は学校の授業を通り越した英語、ひいては言語全般に少しずつのめり込むようになりました。もしあの時友達に会っていなかったら人生は違ったものになっていたかもしれないと時々想像します。また、運が良かったとも思います。

フランス語に出会った経緯も偶然でした。大学に入る際に言語を1つ選ばなければなりませんでしたが、言語学を勉強したかった僕には特定の勉強したい言語がありませんでした。スペイン語は先生が厳しいと言われていたので避け、ロシアは寒いので避け、、、ととにかく面倒を避けていたら最後にドイツ語とフランス語が残りました。どうしてフランス語を選んだのかは正確には覚えていませんが、おそらくフランスの方がおしゃれなイメージがあったという大したことのない理由だったと思います。ただ今となっては、偶然フランスにおしゃれなイメージがあって、それを理由に選んだ自分に感謝しています。フランス語は、ずっと前から勉強していた英語と違って、言語化するのが難しいですが体にすっと染み込んでくる感覚があるのです。人にはそれぞれ向き不向きのある言語があり、偶然選んだフランス語は自分に向いている言語だったのでしょう。また、フランス語には包容力があります。バイト先でフランス語圏の方が来た時に、カタコトでもフランス語で話しかけてみればほとんどの人が喜んでくれたり(逆に全く関心を示さないマダムにも会いましたが)、大学で一緒に勉強している友達も生き急いでいる人が少なくてのびのび学べます。

そして2020年。僕は2020年の秋からフランスに留学する予定でしたが、留学する年と疫病の流行が偶然重なり、あっさり中止になりました。中止の連絡が来てからはオンライン授業ということもありとても腑抜けた日々を過ごしていましたが、このままではすぐに就活が始まってしまうと危機感を感じ、とりあえず自分のフランス語力を証明できる資格が欲しいと思い仏検の受験を決めました。一次試験は無事に通過したものの問題は二次試験。会話能力もそうですが何よりも問題が難しかったです。対策として聞き始めたフランスのニュースは仏検が終わった今でも日課です。大学の先生や語学塾の先生の協力のおかげでなんとか二次試験にも合格でき、なおかつ成績優秀者に選んでいただき、フランス語を始めてからのふわふわした3年弱が認められた気がしました。何も問題がなく留学に行けていたら仏検に出会うこともなかったかもしれないし、二次試験のように難しい問いについて議論するということもなかったでしょう。

今後は、周りの協力もあり再び留学のチャンスをもらえました。フランスに行っても、自分の意志や考えと共に僕をここまで運んでくれた偶然に身を任せながら生きていきます。





「合格者の声」を更新しました。

「合格者の声」を更新しました。


フランス語学習が導いてくれたもの
2020年秋季準2級合格 ケベック州政府在日事務所賞
阿部 玲子


攻めの姿勢で、敢えて目標を高くしたことが功を奏したのだと思います
2020年秋季1級合格 文部科学大臣賞
友重 山桃


偶然に身を任せ
2020年秋季準1級合格 日仏会館賞
橋爪 健

攻めの姿勢で、敢えて目標を高くしたことが功を奏したのだと思います

と言えばかっこいいですが、これは、自分に甘い崖っぷち人間がなりふり構わぬ形で受験した体験記です。

2020年秋季1級合格・文部科学大臣賞
友重 山桃
通訳翻訳業・東京都

コロナ禍は、多くの方々の仕事や日々の暮らしに大きな変化をもたらしました。通訳翻訳業界も、特に人の移動の停止と共に経済的・文化的交流が一気に引いた2020年3月以降は、大変厳しい状況が続きました。そんななか、自粛の流れに乗った私はNetflixやゲームや読書三昧の巣ごもりライフに耽っていたのでした。

我に返ったのは8月の終わり頃、ふと目覚めた明け方の空に秋の気配を感じたのが引き金となりました。「今出来ること・これからやりたいこと」を自己分析した結果、今のうちに仕事の量よりその内容・難易度を高めることに全力を注ぐべきだと判断しました(難易度、例えば商談通訳→二国間会議通訳)。しかし、私には「フランス語が出来る」というスキルしかありません。色々やることがあるなか、ひとつは出来ることをもっとアピールしようと考えました。これで方向は決まったものの、これまで楽な方へ流されてきたツケは大きく、追い込まれた感は否めませんでした。そんななか、第三者が私の仏語能力をなるべく端的に具体的にイメージ出来るもの、と考えた時に浮かんだのが「仏検」でした。

調べると、コロナ禍で2020年度秋季に限り「1級」と「準1級」を同時に受けられ、その申込み期限が迫っていることが判明しました。これはもう神の啓示。受けるならワンチャンス。逃げ道を与えてはいけない自分の性格が分かっていたので、敢えて「1級」1本に絞りました。しかし。ここまで来て、私の悪い癖がまた出てしまいました。仕事でフランス語を使っていることもあり、「受ければ受かるだろう」と高をくくり、受験勉強を怠けたのです。そして1次試験1週間を切り、仏検公式サイトの過去問を解こうとして当然挫折。時間の無い恐怖と己に対する怒りで呆然としました。

でもやるしかない。余裕はゼロでしたが、目標を「なんとか合格」にすると、私の性格上本当にそれだけの分しか頑張らないと分かっていたので、敢えて「高得点で合格」とその為のルールを決めました。

まず勉強ツールと内容を大まかに①仏検公式ガイドブック「セレクション1級」と「仏検対策準1級・1級問題集」の2冊をやりつくすことと、②ネットコンテンツ(各種サイト・記事・ブログ・ニュース動画)から時事テーマの収集に絞りました。

①:出来なかったところも出来たところも何度でもやり直し、敢えて日仏辞典は使わず電子版Larousse1本にしました。定義・言い回し・動詞の活用・類語や反対語もこれひとつで賄えます。

②:勉強する時事テーマは2つ3つに絞りました(政治、経済、社会など)。情報は「これは自分が後からアウトプットする」と意識しながら収集しました。多少意識するだけでも、入ってくる情報の量と質はだいぶ変わりました。日本語とフランス語のコンテンツを見て・聞いて・読んで、良かった!と思ったものはその場で(必ず日本語とフランス語で)簡単な表や図をつくる作業を繰り返し行いました。得た知識の言語化・見える化=アウトプット作業です。今度はコンテンツを数本に絞り、それぞれ日本語とフランス語の文章でまとめる作業を繰り返し、最終的にはひとつのテーマが日本語とフランス語のレポート各A41枚分にまとまるようにしました。知らない単語はどんどん拾い、覚える時間が無くとも無駄にならないと信じて単語帳は作りました。また、ネット上の記事や動画にコメント項目があればフランス語コメントに挑戦しました。コメントは、元の内容をちゃんと理解していないとフランス人に容赦なく「バーカ」と評価されます。逆に「確かにそうだ」と返信があると、これからも勉強頑張ろう、と励みになりました(相手に「いいね」を忘れずに)。主に集中力を維持するためでしたが、敢えて脱線してゴシップネタにも走りました。これらには、娯楽要素以上に試験対策に活かせる情報がいくらでもあり(特殊な表現など)、それがまた勉強のスパイスになりました。

アウトプットを通して、フランス語の知識が自分のものになっていく成果が目に見えるのでいっそう面白く、面白いと思うほど吸収する知識の量も増えました。この感覚は最後まで続き、実は当日試験の問題を解きながらも問題を「面白く」感じてました。うまく言えませんが、「成し遂げてやるぞ」というやる気エネルギーに変換されていく感覚でした。

その結果。やり遂げたという高揚感に溢れていた私は、合格通知を見て「思っていたより点数が伸びなかった」と拍子抜けしました。随分うぬぼれたものですが、そのような発想が出来るほどなりふり構わずやれたからこそ、此度の賞を頂けたのかもしれません。フランス語の出来を評価してくださった方々、一緒に喜んでくれた家族や友人達に、心から感謝しております。敢えて目標を高くせざるを得なかった自分を反省します。崖っぷちはお勧めしませんが、この体験が誰かのお役に立てれば幸いです。



フランス語学習が導いてくれたもの

2020年秋季準2級合格 ケベック州政府在日事務所賞
阿部玲子
学生(東京大学)・神奈川県

 私がフランス語を習い始めたのは、大学1年生の時にフランス語の第3外国語の授業を半年間履修したことがきっかけです。フランス語の発音の美しさに惹かれたからです。そのときは半年の授業が終わった後はフランス語から離れてしまいました。ですが、再びフランス語を学びたいという気持ちが再燃したのは、2年前に参加したニュージーランドでの短期留学でフランス人の学生と友達になったからです。その時は、大学1年生のときに学んだフランス語などほぼ忘れていたので、その学生とフランス語で話したいという気持ちがありましたが、私がフランス語で言えたのは簡単な挨拶や自己紹介程度でした。それでもその学生は、私がフランス語を学んでいたと知ると、とても喜んでくれ、私たちはすぐに意気投合し、フランスの文化などの話題で盛り上がりました。私と彼女は留学後も交流を続け、去年の夏にはブリュッセルに一緒に旅行に行きました。仏検準2級の面接対策を手伝ってくれたのも、彼女です。

 私がフランス語を学び続ける理由は、ただ単にフランス語の美しさに惹かれたからというだけではありません。もう一つ、私がフランス語に病みつきになっている理由は、フランス語を理解できると圧倒的に情報量が増え、世界が開けるからということです。私は、生きたフランス語に触れるために、Le Monde の記事を読むことがあります。もちろん、私は準2級のレベルなので記事を完全に理解できることはありませんが、概要はなんとなく掴むことができます。私はフランス語を学習する前は、外国語は英語しか習っていなかったので、時々触れる海外のメディアといえば、BBC、The New York Times 、ABC News など英語の媒体のみでした。ですが最近はこれらに加えLe Mondeを読むようになり、フランスで話題になっていることを知ったり、Le Mondeと英語の媒体で取り上げられている内容の違いを比較したりできるようになりました。

 仏検のホームページに、Le francais m’ouvre le monde. (フランス語はわたしに世界を開いてくれる)とありますが、まさしくその通りだと思います。フランス語は国連公用語の一つであり、フランスは世界でも影響力のある国です。なので、フランス語は自分が見る世界の解像度を大きく変えてくれるはずです。

 私にとってフランス語は、新たな出会いへと導き、知見を広げてくれるものです。これからも、より上位級を目指して頑張ろうと思います。




2021年度春季試験の開催について

公益財団法人フランス語教育振興協会では、昨季に引き続き新型コロナウイルス感染症への防止対策をとったうえで、2021年度試験の開催を準備しています。このページでは2021年度春季試験の開催に関する情報を随時更新してお伝えします。(2月19日初掲、4月17日更新)

試験日程と出願受付期間について

■ 試験日程:1次試験 6月20日(日)2次試験 7月18日(日)
■ 出願期間:4月15日(木)~[願書郵送]5月19日(水)[インターネット]5月26日(水)

※要項・願書の無料送付をご希望の方は ご請求フォーム からご連絡ください。
※要項・願書に印刷された情報は今後変更される可能性があります。最新の情報を当ホームページにて随時ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症対策について(2/19初掲、4/14更新)

仏検開催にあたっての感染症防止対策と来場される全ての方へのお願いを下記リンク先にてお知らせしています。受験される方は出願の前に必ず内容をご確認いただき、同意のうえご出願ください。なお、今後の状況によっては内容を更新する可能性もございますことをご了承ください。

国内会場の開催が中止された場合の対応について(2/19初掲)

日本国内で感染拡大の状況によって国や自治体からの要請等が発令された場合には、一部もしくは全ての会場での開催中止を余儀なくされる可能性もございます。開催を中止した場合、出願された方には、返金ではなく次季試験への振り替えをご提案させていただく予定です。ご出願にあたってはこの点についてもご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

国内会場での受験地と試験会場について(4/14初掲)

全国各地の関係者の協力のもと、開催に向けて力を尽くしておりますが、まことに遺憾ながら、出願開始の時点では開催が未確定の受験地もございます。最新の情報は当ホームページ「 受験地/実施級・試験会場 」で随時お知らせいたします。

2次面接試験のオンラインでの実施について(4/14初掲、4/17更新)

仏検実行委員会では、2021年度春季試験の特例として、以下に該当する方を対象に、Zoomによるオンラインでの面接試験(1級・2級・準2級)を提供することを検討しています。実施の可否は個別に検討のうえお知らせしますので、ご希望の方は出願の前に仏検事務局までメールでご相談ください。なお、ご相談の受付期限は5月12日(水)とし、それ以降はご対応いたしかねます。

(1) 日本国外に居住する(かつそのことを書面で証明できる)1次試験免除の有資格者で、以下の条件のすべてを満たす方。

・仏検事務局が指定する試験実施日時(事前に告知した本試験日から変更される場合があります)に、身分証の提示による受験者の本人確認ができること
・適正な環境でオンライン面接試験が受けられるパソコン等の機器と、安定した通信環境を準備できること

(2) 日本国内に居住し、1次試験免除の有資格者もしくは1次試験合格後に2次試験のオンライン受験を希望し、以下の条件のすべてを満たす方。

・居住する県で受験を希望する級の2次試験が開催されていないこと
・所属する企業・機関・大学・学校が県外への移動を禁じており、そのことを証明するものを出願時に提出できること
・仏検事務局が指定する試験実施日時(事前に告知した本試験日から変更される場合があります)に、身分証の提示による本人確認ができること
・適正な環境でオンライン面接試験が受けられるパソコン等の機器と、安定した通信環境を準備できること

振替受験対象者の皆さまへ(2/19初掲、4/14更新)

以下に該当される方は、2021年度春季試験に振替受験をご利用いただくためのご案内を4月初旬にメールないし書面にて個別にお送りしました。未着の方は仏検事務局までお問い合わせください。なお、 受験クーポン・振替コードの有効期限は今季出願受付最終日 2021年5月26日(水)です のでご留意ください。
振替受験のご利用にあたって受験級の追加・変更をご希望の方は こちら をご覧ください。

・2019年度春季1次試験大阪会場または2020年度春季試験の中止による振替受験対象者で、2020年度秋季試験に出願されなかった方
・2020年度秋季1次試験終了後、振替受験のご案内を受け取られた方

1次試験免除について(2/19初掲)

以下に該当する方は、2021年度春季試験に1次試験免除でご出願いただけます。

【1級】
・2019年度春季試験の1次試験に合格後、2次試験が不合格または2次試験を欠席し、2020年度秋季に出願されなかった方(2020年度春季の出願の有無は問いません)
・2020年度秋季で1級の1次試験に合格後、2次試験が不合格または2次試験を欠席された方
【2級・準2級】
・2019年度秋季試験の1次試験に合格後、2次試験が不合格または2次試験を欠席し、2020年度秋季に出願されていない方(2020年度春季の出願の有無は問いません)
・2020年度秋季で2級・準2級の1次試験に合格後、2次試験が不合格または2次試験を欠席された方

※なお、2019年度秋季試験の準1級に合格後、2次試験が不合格または2次試験を欠席し、2020年度秋季に出願されていない方は、1次試験免除の資格が2021年度秋季まで延長されます。

1次試験免除に必要な情報を紛失された方は仏検事務局までお問い合わせください。

パリ会場の開催中止について(2/19初掲)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続くなか、パリでの試験開催は実施およびその準備を安定的に行うことが依然として困難であると考えざるを得ません。誠に遺憾ながら パリ会場は2021年度春季も開催を中止いたします 。どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。なお、秋季試験の開催有無については7月末頃に決定し次第お知らせいたします。

七歳の詩人がいた街角

中地 義和(公益財団法人日仏会館 副理事長)

  大学入学時に選択した必修第二外国語がフランス語だった。法学部に進むコースに籍を置きながら、法学や政治学には興味がもてなかった。そんな一年生にとって数少ない救いの一つが、初級文法を終えるとすぐに本格的な講読に入るフランス語だった。語学の最難関は初級文法だ。動詞活用ほか煩雑だが有限の決まりをしっかり押さえる必要がある。その山を越えて読み物に移るころには早々に報いが訪れる。おもしろいように視界が開ける。今日ではそんな言語習得法は古いと言われるかもしれないが、20歳近くになって始める語学は赤ん坊が日々言語を習得するようなプロセスを踏めない。理を詰めないと自分のなかに効率的に入ってこない。
 最初にぶつかった壁が、二年生の後期に読んだランボーの散文だった。辞書を頼りに意味をとろうとしても、文と文がつながらない。順接なのか逆接なのかわからない。戸惑わせながらも若気を挑発する、得体のしれないテクストだった。挑発はされたが、卒論で取り上げる勇気はなかった。論じられるほど読みほぐせていないと感じた。
 大学院に進んで、腰を据えて取り組む決心がついた。ある作家が「好き」の内実は一様ではない。一読してすべてが透明に見える作家もあれば、抵抗感は大きいが語調や言葉の裏に透かし見える何かに惹かれる場合もある。私にとってのランボーは明らかに後者だ。不可解さのなかに牽引するものがある。だからこそ関心が持続したとも言える。しかし相手は十代後半の五年間だけ詩を書き、あとは実業の世界に身を投じた人間だ。こちらは当初ランボーと同年齢だったのが、歳の差は開くばかりで、今や孫と祖父のような倒錯的構図になっている。ただ、「ランボーは若くないと読めないからしっかりやりなさい」と昔ある先生から頂戴した助言は、必ずしも当たらないとだけは言える。若いころには思い至らず、年齢とともにじわじわとわかってくることが確実にあるからだ。


 コロナ・ウィルス感染症の世界的蔓延が始まる直前の昨年1月末、アルチュール・ランボー(1854‐91)の生まれ故郷シャルルヴィルにごく短い滞在をした。ここをはじめて訪れたのは1980年秋、パリに留学してまもなくだった。次いで91年の没後100年記念の国際集会、2004年の生誕150年記念の国際集会の折りにも来たが、初回は右も左もわからず、続く二回はどこに移動するにも他の研究者たちと同行して、自由行動とはいかなかった。今回はささやかな評伝を書く計画があり、その準備のつもりで出かけた。気の向くままに歩き回って、少年詩人の生活空間を肌で感じたいと思っていた。
 シャルルヴィルはパリから直線距離で約200㎞、フランス東北部、ベルギーとの国境に近いアルデンヌ県にある。近隣の村落が集まって17世紀に創設された小さな町だ。ランボーの少年時代には1万人を少し超す程度の人口だったが、1966年に南隣の、こちらははるかに歴史の古いメジエール市と合併してシャルルヴィル=メジエール市となり、現在の人口は5万人弱、近代の主な産業は製鉄業である。1870年9月1日に皇帝ナポレオン三世が普仏戦争に敗北し、プロシア軍に降伏したことで知られるスダンの町から西に約20㎞の位置にある。16歳のランボーは幼時を振り返る詩のなかで、「子供は12月のどんより曇った日曜日を恐れた」と語る。それは、日がな一日、厳しい母親の監視下で聖書を読まされるからだが、季節の別なく曇天の下でくすんだ佇まいを見せている町の駅舎に降り立つと、旅行者も独特の暗鬱な空間に足を踏み入れる感覚にとらわれる(写真1)。


 ランボーの父親は当地に駐留中の陸軍大尉で、母親は30㎞ほど南に位置するロッシュ村に農地をもつ自作農家の跡取り娘だった。夫婦仲は悪く、任地を転々とする父親はランボーが6歳のころを最後に家庭に寄りつかなくなる。男女二人ずつ四人の子供のシングル・マザーとなったしっかり者の母親は、寡婦を名乗り、子供たちを厳しく育てる。当時、庶民の子供の就学率は著しく低かったが、二人の息子には初等、中等の教育を受けさせる。 アルチュールは一歳違いの兄フレデリックとは対照的に、幼いころから秀才で、シャルルヴィル高等中学に入学すると、学区のラテン語作文コンクールで何度も優秀賞を獲得し、学校の誉れとなる。しかしその頭脳には、烈しい反骨精神と途轍もない想像力が宿っていた。   
 母親は、夫と事実上の離縁の状態になって以後、何度も転居している。今回の私の目的は、それらの住居を突き止め、現存しない当時の高等中学校と市立図書館の跡を見定め、これらの場所相互の位置関係を確認したうえで、高等中学時代の友人ドラエーの一家が住んでいたメジエールにも足を運ぶことだった。ランボーが生まれたのは、町の中心をなすデュカール広場(写真2)から、町の創設者シャルル・ド・ゴンザーグ公爵像の立つ泉に向かって200mほど南に下った右手、ナポレオン通り12番地の二階のアパルトマンである。その窓の上部には、「ジャン=ニコラ=アルチュール・ランボー/詩人にして探検家/1854年10月20日この家に生まれる」というプレート(写真3)が掛かっている。小さな町のメイン・ストリートであるこの通りはその後ティエール通りと改称され、今日ではミッテラン政権時代に首相や蔵相を務めた政治家の名を冠したピエール・ベレゴヴォワ通りになっている。


 夫婦が離縁状態になった直後の1860年末には、おそらく倹約の必要からだろう、母親は町外れの貧しい労働者の住むブルボン通りに転居している。その二年後、今度はなぜか、ブルジョワ地区であるシャルルヴィルとメジエールを結ぶ広大なクール・ドルレアン通り(現クール・アリスティド・ブリアン通り)に移っている。そして69年には、ランボー一家の住まいとして最も有名なムーズ川沿いのマドレーヌ河岸5番地(今日のアルチュール・ランボー河岸7番地)の二階を占めるアパルトマンに引っ越す(写真4)。一家は、アルチュールがパリやロンドンを放浪していた時期を含めて75年までそこで暮らす。この期間はランボーが詩を書いていた時期をすっぽり覆う。この住まいは数年前から « Maison des Ailleurs » という名の記念館として公開されている。放浪者ランボーにふさわしく、「いくつもの〈他所〉を収めた家」というほどの意味だろうか。「想像のなかにのみ存在する現実ならざる場所」でもあるだろう。アルチュールが使っていたとされる中庭に面した25㎡ほどの部屋に入ると、何とも言えぬ感慨が湧いた(写真5)。

 
 
 子供時代のランボーの生活圏は、一家が暮らした複数の住まい、中学校や市立図書館を含めて、デュカール広場を中心にほぼ半径500mほどの範囲だった。やがてランボーは家出を繰り返し、ベルギー一帯を歩き回り、晩冬の寒気のなかをパリから数日かけて徒歩でシャルルヴィルまで戻る。ドイツや北欧にも行き、オランダ傭兵としてジャワ島まで行くが、たちまち脱走する。キプロスの石切り場で現場監督を務めたあと、紅海沿岸のイエメンとアビシニア(エチオピア)を往来しながら交易に従事するようになる。その「風の足裏をもつ男」の行動範囲を思えば、じつにつつましい小空間である。
 ランボーは生涯、故郷に対して、母親に対するのと同様に、疎ましさと愛着の両面感情をもちつづけた。母親に宛てて頻繁に出されるアフリカ書簡は、遠心力に駆り立てられる彼を「古い胸壁の並び立つヨーロッパ」(「陶酔の船」)につなぎ留める唯一の紐帯だった。今回の訪問で何より確かめたかったのは、二つ目の住まい、彼が6歳から8歳までの時期を過ごした場末街の雰囲気だった。というのも16歳のランボーが7歳の自分をモデルに書いた驚くべき自伝詩「七歳の詩人たち」には、詩人の天職の萌芽が具体的な生活感覚と遊離することなく素描されているからだ。この詩は、威圧的な母親の前で模範的な息子を演じながらじっと耐えている7歳の「苦い偽善」を冷徹に再現する。幼児に特有の無意識なチックや、屋根裏部屋に閉じこもって夢想にふけり架空の物語を次々と編み出す空想の遊戯に加えて、近所の労働者一家のお転婆娘との取っ組み合いのなかで味わう幼いエロスや、「鹿毛色の夕暮れ時に見る仕事着姿の/黒い影、場末街の労働者」への共感など、のちのランボーの萌芽が出そろっている。
 しかし150年も前の話だ。通りの名はそのままでも、街並みはすっかり変わっているに違いない、期待とあきらめが半々だった。ところが、街のメイン・ストリートとの交差点を起点とする現実のブルボン通りは、300mほど西に進んでランボー一家の住まいのあった73番地あたりまで来ると、一挙に場末のわびしさを漂わせはじめる。商店はまばらになり、番地すら記されない古い建物が増え、荒廃の印象が強くなる(写真6, 7)。さらに100mも進めば、街道の向こうは新興住宅が立ち並ぶ郊外だ。今も73番地界隈は、中心街と郊外にはさまれた下町だ。73番地の二階建て家屋の内部を観ることはおろか、それがランボーの時代の建物か後年建てられたものかを確かめるすべさえなかったが、満足だった。街角から不意に七歳の詩人が飛び出してきそうな気さえした。


 二日だけの慌ただしい滞在の最後に、ランボーがよく出入りした駅前の「カフェ・ド・リュニヴェール」で昼食をとってから、午後一時半のTGVに乗るつもりだった。正午のカフェは閑散として、テーブルに着いたとたんに若い娘が近づいてきた。注文を訊くかと思うと、「本日は満席です」という。「団体の昼食会でもあるの?」と問うとそうだという。釈然としないまま、荷物を抱え、駅のスタンドで堅いサンドイッチをかじった。電車がパリに近づくころにようやく思い至った。武漢から来た中国人がフランスで死亡したというニュースを、パリを発つ直前に読んでいた。きっと中国人に間違われたのだ、あるいは危険なアジア人ということで追い払われたのだ。それが私にとってコロナ騒動の始まりだった。



2020年度 文部科学大臣賞団体賞 受賞のことば

文部科学大臣賞団体賞は2013年度に創設され、その年度における出願者数とその増加率および試験結果等を勘案し、年度を通じたフランス語教育への取り組みを総合的に判断した上で、特に優秀と認められた団体に授与されます。2020年度は、順天堂大学国際教養学部、茨城キリスト教大学フランス語研究室、アサンプション国際中学校高等学校が選出され、APEF役員が各校にお伺いして表彰の場をもちました。表彰団体の先生方からお寄せいただいた受賞のことばをご紹介します。


順天堂大学国際教養学部フランス語科目担当 Chloé Viatte 逸見先生

 

 このような栄誉ある賞を頂き、順天堂大学国際教養学部のフランス語担当者一同、大変嬉しく感じております。2015年に新設された本学部では、「仁」の精神を基本として、「豊かな教養」「卓越した外国語の運用能力」そして世界を舞台に活躍できる真の国際人たる「グローバル市民」の育成を教育目標に据えています。
 言語力の総合評価をはじめ、キャリア形成に資する能力の可視化に至るまでメリットを誇る仏検は、大学入学後初めてフランス語に触れる初級や中級の学生の学習意欲を刺激するとともに、励みにもなっており、日本におけるフランス語教育の礎として、とても重要な役割を果たしています。
 フランス語を通じて異文化理解を深め、知的好奇心を刺激することは大切だと考えております。これからも、受賞を励みにそのための教育環境づくりに取り組んでいきたいと思います。最後に、このような厳しい状況下で試験を準備してくださっているAPEFの皆様に、心より感謝申し上げます。
写真:ニヨンサバ フランソワ先生・西澤文昭APEF理事長・クロエ ヴィアート 逸見先生・加藤洋一学部長・フランス語の先生方と学生の皆さん


茨城キリスト教大学文学部教授 和泉涼一先生

このたび、文部科学大臣賞団体賞を、また本学学生が個人賞を賜りましたこと、まことに光栄の至りで心より感謝申し上げます。本学の場合、学生は第2外国語としてフランス語を学びます。それとともに授業科目としてフランスへの文化研修旅行や短期語学留学の制度を設けており、それらの科目と連携させることで学生の関心を持続させるようつとめております。ただ、あれこれ工夫を試みても現実にはさまざまな困難があるものです。そういう困難のなか、学生の興味をよびおこし持続させるうえで、仏検はきわめて有効な役割を果たしています。本学にはかなり以前より「フランス語の部屋」というサークルが活動していますが、創設したのは仏検の勉強会に参加する学生たちでした。誘い合って美術展を見学したり、映画鑑賞会や読書会を催したり、あるいはフランス旅行に出かけたりするなど、まことに仏検は「実用技能」を突き抜けて大学生活そのものを充実させる大切な機会となっているのです。仏検が世界へつながる扉であることを実感しております。ありがとうございました。
写真:上野尚美学長・和泉涼一先生・西澤文昭APEF理事長・二瓶恵先生と学生の皆さん


アサンプション国際中学校高等学校 菅沼浩子先生

 このたびは、栄えある文部科学大臣団体賞に選出いただき心より感謝申し上げます。本校は本部をパリにおく聖母被昇天修道会によって創立され、フランス語は第二外国語として1960年の開校当時から高校では必修でおこなっております。3年間、フランス語圏の国々やその文化にも触れながら様々な角度からフランス語を学ぶことで、生徒たちは仏検のスローガン通りフランス語が自分に世界を開いてくれると感じています。そして、高校生としては珍しい仏検を取得することは自信と誇りとなります。団体賞は、一生懸命頑張っている全ての生徒1人1人の努力が認められた証であり、何よりも嬉しい賞です。この賞が、今後の生徒たち、さらに後輩たちのフランス語教育への大きな励みになることは間違いありません。
写真:岡本弘之副校長・北村卓APEF副理事長・菅沼浩子先生・Maria Josefina Matias 学院長・丹澤直己校長と生徒の皆さん

「仏検だより」を更新しました

「仏検だより」を更新しました。

2020年度の式典は、昨年度に続き、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりあえなく開催を見送ることとなりました。しかしながら、文部科学省、フランス大使館、そしてフランス語とフランス語圏にかかわる主要な諸機関* からのご協賛をいただき、受賞者53名(個人、団体含む)に賞品をお贈りすることができました。今年度の受賞者は、最年少9歳から最高齢59歳までのフランス語を学ぶさまざまな経歴の方々でした。喜びを分かち合う式典の再開を願いつつ、関係各位にこの場を借りて御礼申し上げます。

*ご協賛:文部科学省/在日フランス大使館/ケベック州政府在日事務所/在日スイス大使館/在日ベルギー大使館/在日フランス商工会議所/日仏会館

2020年度 文部科学大臣賞団体賞 受賞のことば
順天堂大学国際教養学部
茨城キリスト教大学フランス語研究室
アサンプション国際中学校高等学校

七歳の詩人がいた街角
中地 義和(公益財団法人日仏会館 副理事長)



大型連休期間の休業についてのお知らせ

公益財団法人フランス語教育振興協会・仏検受付センターは、大型連休に伴い、4月29日(木)~5月5日(水)を休業期間とします。つきましては、休業期間中にお寄せいただく仏検・翻訳・APEF青山フランス語プロフェショナルコースの各業務についてのご依頼・お問い合わせが5月6日(火)以降のご対応となりますことをご了承ください。

また、翻訳サービスにつきましては、連休直後に複数のご依頼が重なり、通常よりも翻訳工程に日数を要する場合が想定されます。

ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

仏検インターネット申込 お取り扱いの一時停止について

仏検インターネット申込は、システムメンテナンスのため、
以下の期間中、各種お取り扱いを一時停止いたします。

※期間中は申込システムへのアクセスが不通となります。
※お申込完了後のコンビニ店頭でのお支払いは可能です。
※作業の進捗状況により、終了時間は前後する可能性がございます。


仏検インターネット申込 お取り扱い一時停止期間

対象 : インターネット申込システムでのID取得・出願情報入力、
マイページでの各種操作

停止期間 : 2021年4月19日(月)AM 1:00 ~ 7:00

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。  

「仏検」存続のためのご寄付について:経過のご報告

注目

このページでは、お寄せいただいたご寄付金についてのご報告を随時更新いたします(初掲2020年6月25日)。

コロナ禍での外国語検定試験の状況、仏検のご寄付のお願いについて、以下のメディアで取り上げていただきました。
■ 日本経済新聞電子版「英語除く外国語検定 存続の危機 コロナで中止」(紙面掲載:2020年8月28日朝刊社会2面)
■ 朝日新聞デジタル「英仏独西伊中…外国語検定に存続の危機 コロナ直撃、収入ゼロの団体も」(紙面掲載:2020年9月9日夕刊1面 ※紙面掲載記事
■ 東京新聞特報web「相次ぐ外国語検定試験の中止、収入減り実施団体運営に影響」(紙面掲載:2020年9月17日朝刊特報面 ※紙面掲載記事

ご寄付金 受入状況(4月13日現在)

2020年6月4日に開始した寄付金制度は、2021年4月13日までの間に1,228件のご寄付のお申し込みをいただき、総額20,431,770円となりました。皆さまのご厚志に心より御礼申し上げますとともに、ご賛同者の中から公開にご同意くださった方々のお名前を以下に記載いたします。

2020年度春季試験中止による減収の影響のもと、遺憾ながら組織の財政基盤は脆弱な状態にあると言わざるを得ません。皆さまからのご寄付は、APEFの基礎体力を維持し、感染防止対策をともなう新たな試験運営を始めとした仏検の円滑な実施に向け貴重な財源として活用させていただきます。

しかしながら、APEFの将来にわたる安定的運営のためには資金がいまだ不足しております。引き続き多くの方のご賛同をお寄せいただけますようお願い申し上げます。

【事務局より】ご寄付をいただきながらお名前やご連絡先が不明のため受領書をお送りできない方がいらっしゃいます。恐れ入りますが銀行振込・郵便振替にてご入金のお手続きをされる前に、お申込みフォームへのご記入または寄付申込書のご記入ご送信をお願いいたします。なお、ご芳名の公開についてご希望のご変更やお気づきの点がありましたら仏検事務局までご連絡ください。

(2021年1月11日追記)2020年内にご寄付を賜り、郵便でのお受け取りを希望された皆さまには、2021年1月6日までに全ての受領書の投函を完了しております。お手元に届いていらっしゃらない場合は、恐れ入りますがメールにて仏検事務局までお問い合わせくださいませ。

ご賛同企業・法人

順不同・敬称略

 width=	229	 
 width=	361	 
 width=	400	 
 width=	360	 
 width=	242	 
 width=	301	 
 width=	302	 
 width=	160	 
 width=	255	 
 width=	80	 
 width=	231	 
 width=	150	 
 width=	166	 
 width=	60	 
 width=	267	 
 width=	267	 
 width=	194	 
 width=	267	 

ご賛同団体・グループ

敬称略

愛知県立大学 フランス語圏専攻 教員一同 
青山学院大学フランス文学科同窓会 
今治国際交流フランス語クラス同志(代表:長野 誠) 
今治フランス語研究会有志(堂角颯、澤田ひかる、飯田亮子、村上千波 他) 
学習院大学仏文科同窓会 
学習院大学文学部フランス語圏文化学科 
関西フランス語教育研究会(RPK) 
学校法人 暁星国際学園 フランス語科 
共立女子大学文芸学部 
島根県日仏友好協会(会長 太田良親) 
杉野服飾大学フランス語研究会  
成城大学仏検実行委員会 
大東文化大学 フランス語教員一同 
中央大学仏語仏文学研究会 
中高フランス語教育連絡協議会 
獨協大学 外国語学部 フランス語学科  
長崎日仏協会 
名古屋大学フランス語小部会有志 
名古屋外国語大学フランス語学科 
南山大学 外国語学部 フランス学科有志 
日本大学国際関係学部フランス語教員一同 
仏検寄付箱プロジェクト (ルリユール書店、カフェ・ア・ターブル、ブックカフェNautilus) 
フランス語教室パレコール有志(小川賀子、高橋彌生 他) 
松山大学フランス語担当教員一同 
三重日仏協会 
明治大学フランス語教員有志 
立教大学仏文・仏語教室(石川文也、小倉和子、桑瀬章二郎、坂本浩也、澤田直、菅谷憲興、関未玲、中川理、横山安由美) 

ご賛同者(個人)

敬称略

阿尾 安泰 
青木 香子 
青木 泰司 
青山 万里子 
赤澤 岳人 
我妻 めぐみ 
赤松 輝美 
秋富 陽子 
秋吉 恒一郎 
浅井 淳子 
淺井 直子 
浅野 仁志 
朝比奈 美知子 
浅見 子緒 
足立 和彦 
足立 純子 
阿南 婦美代 
阿部 いそみ 
阿部 宏 
天野 利枝子 
荒井 園絵 
荒川 久美子 
荒川 剛 
京都外国語大学フランス語学科 ARIES Laura  
有賀 公紀 
有田 豊 
有馬 麻理亜 
安齋 有紀 
安藤 博文 
安藤 麻貴 
飯井 卓也 
飯田 淳子 
飯田 年穗 
飯野 俊雄 
五十嵐 圭輔 
伊川 徹 
伊木 明日香 
池田 笑子 
池田 祥英 
池村 俊郎 
石井 さおり 
石川 学 
石川 美子 
石崎 晴己 
石田 優加子 
石津 貴之 
石塚 彩子 
石野 利和 
石丸 久美子 
石丸 住雄 
泉 邦寿 
泉谷 和哉 
磯野 慶一 
井田 尚 
株式会社 駿河台出版社 代表取締役社長 井田 洋二 
市川 久美子 
市川 雅己 
井手 あかね 
井出 信行 
出野 由美子 
伊藤 大地 
伊藤 健宏 
伊藤 正人 
伊藤 洋子 
稲塚 広美 
稲葉 延子 
稲葉 二葉 
井上 彰人 
井上 櫻子 
井上 直子 
井上 靖乃 
伊波 明香 
株式会社プリモ 代表取締役 今井 浩司 
今西 峰彦 
今場 文絵 
今橋 映子 
井村 千瑞 
岩崎 和彦 
岩田 和子 
岩村 和泉 
岩本 和子 
岩本 渉 
植木 達彦 
沖縄国際大学 上江洲 律子 
上田 亜津美 
上田 直春 
S.WEDGE 
植野 彰文 
上野 大介 
上野 名保子 
牛山 嘉一郎 
後 勝之 
内田 智秀 
内田 弘保 
宇都宮 彰子 
内海 敏子 
卯野 真也 
宇野 亨 
梅井 祥子 
梅本 純子 
江口 修 
海老根 圭子 
海老根 龍介 
江見 東母子 
遠藤 享 
遠藤 弘道 
遠藤 文彦 
株式会社 白水社 代表取締役 及川 直志 
大井 真澄 
名古屋外国語大学 大岩 昌子 
大内 本夫 
大内  桃奈 
大川 俊子 
大木 直美 
大木 充 
大久保 政憲 
大熊 陽子 
大倉 慶子 
日仏文化協会 大河内 京子 
大関 麻由美 
太田 明彦 
太田 晋介 
太田 信之 
大西 さがみ 
大西 祐子 
大軒 公子 
Daily Metal Language School 大森 茂樹 
岡崎 まり子 
岡田 哲治 
緒方 沙羅 
岡田 祥平 
尾形 園子 
緒方 洋一 
岡見 さえ 
岡村 信男 
岡本 典子 
小川 朋男 
小川 政考 
小木曽 裕子 
小倉 康寛 
名古屋大学 小栗栖 等 
尾崎 直子 
小田 忠夫 
越智 三起子 
小野木 千花子 
小原 裕美 
小原 百合子 
折方 のぞみ 
甲斐 基文 
貝嶋 正信 
戒田 格 
各務 奈緒子 
柿崎 有美 
柿沼 宏和 
鹿島 幹男 
梶山 幸 
柏木 隆雄 
金沢大学 粕谷 祐己 
片岡 ゆかり 
片山 佐依里 
勝本 修三 
加藤 薫 
加藤 伸吾 
加藤 晴久 
加藤 靖恵 
加藤 義清 
門田 眞知子 
角谷 星那 
角谷 直哉 
金枝 寿朗 
金澤 和春 
金清 浩明 
金子 亮二 
加納 光 
Gaboriaud Marie 
上村 純子 
神谷 哲子 
亀岡 史恵 
香山 敦 
香山 伸一 
Garrabet Christophe 
カレンス 法子 
Callens Philippe 
川勝 直子 
川崎 冬樹 
川崎 雅美 
川﨑 幸生 
川﨑 連 
川西 由記 
河野 敦子 
河野 律子 
川畑 和枝 
菅家 千珠 
神田 大吾 
神場 かおる 
菊池 勝二 
菊池 慶子 
菊地 大翔 
菊地 昌子 
喜多 勇 
木田 宏 
木田 優也 
北垣 徹 
Otasuké Paris 代表取締役 北澤知也 
北代 柚花 
北原 ルミ 
北村 和哉 
北村 卓 
北山 研二 
Mark Kininmonth 
木下 翔 
木村 敦子 
木村 裕子 
清川 晴美 
清田 彩子 
清田 智代 
桐原 美紀 
鯨井 佑士 
楠田 倫子 
工藤 貴子 
國枝 孝弘 
久保 昭博 
久保 今日子 
久保 結子 
久保田 静香 
窪田 由夏子 
La petite cuisine NounourS 熊田 直子 
熊野 真規子 
栗原 知誉 
栗山 淳史 
栗山 一郎 
黒澤 洋子 
桑原 三郎 
桑原 隆行 
軍司 泰史 
小池 陽香 
小池 ふみ 
小池 美穂 
古石 篤子 
小石 悟 
小礒 冴ゆ子 
小出 晶大 
五位野 政彦 
合田 陽祐 
河野 利明 
河野 美奈子 
郷原 佳以 
高馬 京子 
甲和 孝子 
肥沼 光彦 
國分 功一郎 
小坂 義夫 
小関 武史 
小谷 優仁 
後藤 祐司 
後藤 幸夫 
後藤 幸夫 
後藤 もえ 
小西 恵 
小林 和成 
小林 勝也 
小林 公雄 
小林 拓也 
小林 文生 
小林 正利 
小林 道紀 
小林 陽子 
お茶の水女子大学 小松 祐子 
小松 淳 
小松 智子 
小松 宏年 
五味田 泰 
小室 廉太 
近藤 祐 
近藤 野里 
斉戸 英美子 
齋藤 清一 
齊藤 哲也 
学校法人カリタス学園 理事長 齋藤 哲郎 
齋藤 徳之 
齋藤 太 
才藤 莉紗子 
佐伯 祐史 
酒井 智宏 
酒井 律子 
榊原 知樹 
坂口 幾世 
酒徳 邦彦 
坂野 春奈 
坂原 三郎 
阪村 圭英子 
坂本 尚志 
酒本 將稔 
佐久間 和男 
佐久間 玄任 
カリタス女子中学高等学校 フランス語科 櫻木 千尋 
佐々木 紀 
佐々木 ゆか 
佐々木 理恵 
笹野 勝正 
笹本 孝 
笹本 裕史 
佐瀬 洋一郎 
佐藤 彰 
外国語会話学校エスパス 佐藤 公彦 
佐藤 久仁子 
佐藤 吾郎 
佐藤 大輔 
佐藤 隆司 
佐藤 信彦 
佐藤 英俊 
佐藤  摩旺 
佐藤 正宏 
佐野 敦至 
澤田 肇 
鴫原 由起子 
篠原 富美子 
篠原 学 
柴田 まり子 
柴野 宣子 
嶋谷 園加 
島袋 忠雄 
島村 理絵 
島本 健 
清水 学 
志水 恭子 
le Ciel フランス語教室 志水 じゅん 
清水 隆 
清水 弘昭 
清水 康子 
志村 響 
下島 洋子 
下舘 洋美 
下総 夕可里 
下村 武 
下村 達郎 
Maurice JACQUET 
正田 靖子 
白石 敬晶 
白石 奈々代 
白石 裕之 
城井 正憲 
新宅 茜 
菅沼 浩子 
菅野 千枝子 
杉 泉 
杉本 和繁 
杉本 真奈美 
杉山 恵理 
杉山 香織 
勝呂 明弘 
鈴木 敦子 
鈴木 一宏 
鈴木 久美子 
金野志保はばたき法律事務所 弁護士 鈴木 謙太 
鈴木 太一郎 
鈴木 隆芳 
鈴木 千夏子 
鈴木 真紗子 
鈴木 典子 
鈴木 美登里 
鈴木 美代子 
鈴木 義孝 
日仏文化協会 鈴木(石澤) 真由美 
鈴木 瑞穂 
須藤 健太郎 
須藤 佳子 
清野 修 
芹川 青甫 
太期 治美 
大善 哲郎 
株式会社 旺文社 代表取締役社長 生駒 大壱 
高岡 優希 
高垣 由美 
高津 章人 
高橋 愛 
高橋 哲 
高橋 梓 
高橋 純 
高橋 直子 
高橋 博 
高橋 美穂子 
高橋 佑太郎 
髙橋 由加利 
髙橋 洋一 
高松 広明 
田上 真司 
エフィ・フランス語教室 代表 高邑 香子 
田口 亜紀 
田口 卓臣 
田口 雅崇 
竹内 恵美 
武隈 雅代 
竹崎 浩司 
武田 郁美 
在日フランス大使館 アンスティチュ・フランセ日本 竹田 恭子 
武田 庄次 
青山学院大学 武田 智恵子 
武田 春彦 
武田 裕紀 
竹中 のぞみ 
武末 祐子 
竹本 研史 
竹本 百代 
田島 義士 
田代 順子 
橘木 芳徳 
伊達 聖伸 
舘 葉月 
田中 晶江 
田中 綾乃 
田中 紳介 
田中 千里 
田中 英也 
獨協大学 田中  善英 
田中 自子 
田中 礼子 
棚瀬 あずさ 
田邉 めぐみ 
谷 明美 
谷内 典子 
谷川原 宇子 
谷口 萌子 
田上 慶一 
太原 孝英 
田村 勇樹 
近田 直子 
千葉 紗江 
千葉 良雅 
中條 健志 
塚島 真実 
錦明印刷株式会社 代表取締役社長 塚田 司郎 
塚田 みゆ紀 
辻村 邦康 
土屋 元 
椿原 誉樹 
デービス 洋子 
豊島 秀宏 
寺岡 誠治 
寺岡 正博 
寺田 元一 
寺本 瑞照 
寺本 成彦 
跡見学園女子大学 寺本 敬子 
寺山 健太郎 
土井 英里 
土居 守 
HELENE DE GROOTE 
Sylvain DETEY 
遠矢 さくら 
戸島 仁嗣 
富田 将之 
冨野 一郎 
戸村 治美 
巴山 未麗 
外山 朋子 
豊嶋 康二 
鳥山 定嗣 
内藤 真奈 
内藤 義博 
猶崎 光 
永井 敦子 
長井 一樹 
長井 伸仁 
永井 舞 
Akiko Nagaishi 
中尾 栄一 
長岡 一郎 
永澤 泰宜 
中島 和美 
中島 太郎 
中島 万紀子 
中嶋 裕 
中田 修 
愛知県立大学 中田 晋自 
中田 浩司 
中谷 晶子 
長妻 靖子 
長沼 圭一 
長沼 守俊 
中野 英治 
中野 茂 
仲野 由利子 
中堀 浩和 
中松 芳樹 
中村 聡 
中村 督 
中村 典子 
中村 真吏雄 
中村 充 
中村 翠 
中村 めぐみ 
中村 康広 
永山 敦司 
中山 恭子 
中山 智子 
中山 弘子 
名倉 紀子 
那須田 有里 
鍋島 祐希 
南條 かおる 
西 智史 
西岡 直哉 
西澤 賢記 
西澤 宗英 
西田 尚輝 
西村 晶絵 
西村 亜子 
武蔵大学 西村 淳子 
西村 靖敬 
西村 令央 
西山 雄二 
二宮 基陽 
丹羽 晴香 
奴久妻 駿介 
根城 貴久 
根津 綾子 
野池 宏美 
野上 啓子 
野澤 俊恵 
野島 浩一郎 
野村 祥子 
野村 敬 
野呂 康 
博多 一恭 
萩原 正和 
箱田 優子 
橋野 勇一 
橋本 悦子 
橋本 享子 
橋本 守 
橋本 由紀子 
橋元 容子 
長谷川 晶子 
長谷川 洋 
支倉 崇晴 
支倉 寿子 
秦 信男 
畠山 香奈 
畠山 清子 
服部 悦子 
日仏文化協会 花井 喜則 
花岡 淳子 
馬場 康友 
浜田 直樹 
濱田 充 
浜田 守彦 
浜辺 友里 
浜松区在住・匿名 
早坂 新弥 
林 昭子 
林 貴美 
林 伸一郎 
林 千鶴雄 
林 千宏 
林 美由樹 
林田 愛 
林原 麻里 
原 庄助 
原 大地 
原口 富明 
原口 真麻 
原野 昇 
服巻 智成 
桧垣 政司 
東野 美穂 
樋口 仁子 
久野 美子 
久松 健一 
日根 香菜恵 
日比野 雅彦 
姫田 十二 
平岡 希実久 
平岡 高 
平賀 裕貴 
平塚 徹 
平野 和彦 
廣瀬 志津子 
深井 えり子 
深井 陽介 
福井 由美 
福岡 洋 
福嶋 裕子 
福田 美紀子 
福原 恵 
福間 善孝 
福本 直之 
福山 孝子 
藤井 喜代美 
有限会社 第三書房代表取締役社長 藤井 嘉明 
藤岡 幸男 
藤田 尚志 
藤田 育功 
藤田 義孝 
藤貫 亮 
藤原 真美 
舟江  利博 
BRANCOURT Vincent 
古川 知子 
古田 哲治 
古谷 英之 
古山 尚 
Institut français du Japon-Tokyo FRENEHARD Gaëlle 
不破 一起 
逸見 クロエ・龍生 
Beauvieux Marie-Noëlle 
星埜 守之 
細野 修一 
堀田 隆 
堀 敬枝 
堀内 陽 
堀﨑 佳子 
前川 義明 
株式会社三修社 代表取締役 前田 俊秀 
前之園 望 
牧 真一郎 
眞喜志 樹 
牧野 将史 
正木 祐輔 
増尾 直子 
増尾 弘美 
増茂 和男 
増田 ユリ子 
益山法律事務所 弁護士 益山 直樹 
間瀬 幸江 
松浦 晃一郎 
松尾 剛 
松尾 宏 
松尾 隆一 
マッカラム 崇代 
松倉 晃子 
松澤 陽菜 
松下 眞紀子 
松下 泰 
松波 真由美 
松村 博史 
松本 卓也 
学校法人アテネ・フランセ 理事長 松本のゑみ 
松本 吉見 
丸山 有美 
三浦 貴顕 
三浦 信孝 
三浦 洋一 
三木原 浩史 
瑞島 永添 
水島 祐介 
水田 真紀 
溝上 将也 
溝口 ひろ子 
御園 敬介 
三谷 侑希奈 
三ツ堀 広一郎 
緑 嵩弘 
緑川 定男 
宮川 朗子 
弁護士 宮城 知佳 
宮崎 隆 
宮崎 敏明 
宮崎 はるな 
宮里 厚子 
フランス語教室グランゼトワール 宮沢 美穂 
向田 民人 
村上 明義 
室井 研一 
室田 尚輝 
毛利 美千代 
毛利 友紀 
茂木 涼 
望月 一雄 
望月 ゆか 
森 髙志 
森 祐子 
森田 夏奈 
森田 秀二 
森田 真司 
森田 昌子 
森田 美里 
森田 由美子 
学校法人 京都外国語大学 理事長 森田 嘉一 
Morel Cécile 
諸井 朋子 
諸橋 真季 
門間 広明 
八木橋 美幸 
矢熊 千代子 
株式会社ボンサマ 代表取締役 安居 夏生  
安田 珠幾 
八尋 百子 
八岡 裕子 
柳 侑里 
柳田 美保子 
山内 洋輔 
山川 清太郎 
山口 敦 
山口 玲菜 
株式会社スパーズ 山崎 薫 
山崎 輝行 
山崎 吉朗 
山﨑 里加 
山下 奈緒子 
山上 浩嗣 
山田 修 
山田 惠子 
朝日出版社 取締役待遇 山田 敏之 
フランス語教室*leCours* 山原 ミカ 
山本 昭彦 
山本 妙子 
山本 朋子 
エスパス・エクラタン 山本 ひとみ 
湯沢 英彦 
横田 千穂 
横地 卓哉 
横山 真由美 
横山 ゆりな 
吉井 啓子 
吉井 洋子 
吉岡 麻里子 
吉川 一義 
吉澤 由美子 
吉田 正明 
吉田 裕一 
吉村 麻衣子 
Liu Jia 
六鹿 豊 
若杉 美奈 
若林 広行 
鷲頭 弘子 
和田 章男 
和田 ゆりえ 
渡辺 貴規子 
渡部 大二朗 
渡辺 典子 
渡邉 ユカリ 
渡部 亮 
渡貫 有紀 
綿引 千恵 

お問い合わせ対応の変更について(2021/4/1~)

公益財団法人フランス語教育振興協会は4月1日よりお電話でのご対応を平日11:00から17:00といたします。ただし、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各種のご連絡は原則としてメールをご利用いただき、ご来会にあたっては事前にご連絡のうえ当日はマスクの着用にご協力くださいますようお願いいたします。

公益財団法人フランス語教育振興協会

仏検公式ガイドブック

仏検実施団体APEFが編集する唯一の公式問題集『仏検公式ガイドブック』は、2020年度から「年度版」と「セレクション」の2本立ての発行に変わりました。

2019年度版までの公式ガイドブックの第2部にあたる1年分の実施問題は、隣り合う級をまとめた「年度版」に掲載。おなじく第1部にあたる練習問題は、級別の「セレクション」に収載しています。試験全体の流れをつかむには「年度版」、問題タイプ別の弱点補強には「セレクション」。2種類の「公式ガイド」が仏検合格を目指す皆さんを装い新たにサポートします。

聞き取り問題の音声は、付属CDに加え、音声アプリでもダウンロードできます。PCだけでなくスマホでも再生可能となり、より身近に取り組みやすくなりました。

2020年度版 仏検公式ガイドブック

『仏検公式ガイドブック 年度版』は「1級&準1級」、「2級&準2級」、「3&4&5級」の3冊で構成されています。 隣り合う級が1冊にまとまったことで、初級(5~3級)から中級(準2~2級)、そして上級(準1~1級)と、次の級への目標も立てやすくなり、学習のステップアップに役立ちます。

※2021年度版仏検公式ガイドブックは刊行しません。(2020年度秋季試験の問題・解説は「2022年度版」に掲載される予定です。)

guidebook2020_570x430

<各級の内容と程度> で、まずは受験に関する基礎知識、合格基準点や合格率などの実施データ、そして試験形式の概要を確認。<傾向と対策> で受験に向けた学習方法をアドバイス。そして公式ならでは!1年分の実施問題をまるごと掲載。誤答の傾向もふくめ、つまづきやすいポイントもしっかりフォローします。仏検取得を目指す方がまず手にして欲しい一冊です。

『2020年度版 仏検公式ガイドブック』
編集:公益財団法人 フランス語教育振興協会(APEF)
発売:株式会社 駿河台出版社
2020年4月10日発行
1級・準1級   2,640円 ISBN978-4-411-90291-7 C0085
2級・準2級   2,530円 ISBN978-4-411-90292-4 C0085
3級・4級・5級     2,530円 ISBN978-4-411-90293-1 C0085

仏検公式ガイドブック セレクション

『仏検公式ガイドブック セレクション』は、2018年度までに実施された試験から練習問題をセレクトしています。受験に向けて各級の問題の理解を深めたい人、より多くの練習問題に取り組みたい人に向けた学習参考書です。1級から3級までは各級1冊、4級・5級のみ合本で計6冊。今後、4年に1度程度のペースで内容を改訂する予定です。

GBselection_web

<練習問題> は各級の大問ごとに並べられ、過去の実施問題から精選した問題に詳しい解説が添えられています。問題形式や解答のポイントをおさえたうえで、しっかり理解しながら練習の数をこなす…まさに合格への王道です。

『仏検公式ガイドブック セレクション』
編集:公益財団法人 フランス語教育振興協会(APEF)
発売:株式会社 駿河台出版社
2020年4月10日発行
 1級    3,520円 ISBN 978-4-411-90294-8 C0085
 2級    2,750円 ISBN 978-4-411-90296-2 C0085
2020年9月1日発行
準1級    3,850円 ISBN 978-4-411-90295-5 C0085
準2級    2,420円 ISBN 978-4-411-90297-9 C0085
 3級    2,200円 ISBN 978-4-411-90298-6 C0085
4級・5級 1,980円 ISBN 978-4-411-90299-3 C0085

【お詫び】『仏検公式ガイドブック セレクション準2級』音声アプリについて 
トラック番号の順番に誤りがございました。 2020年11月16日より前に音声をダウンロードされた場合は、一度音声データを削除し、再度音声をダウンロードしていただきますようお願いいたします。 

購入方法

  1. 全国書店にて『仏検公式ガイドブック』とお申し出いただき、ご希望のタイプ・級をご予約ください。
  2. 駿河台出版社のホームページ からオンライン書店などの販売情報をご確認いただけます。
  3. 仏検事務局宛 に書名を明記のうえ、書籍代+送料300円を現金書留にてお送りください(複数冊購入される場合も送料は変わりありません)。入荷次第発送いたします。

※APEFでは、2019年度版以前の公式ガイドブックや公式問題集など、過去の出版物についても在庫の範囲で販売しております。下記の「在庫状況」をご確認いただくか、仏検事務局までお電話またはメールでお問い合わせください。

APEFの出版物 在庫状況pdf (2021年4月1日更新)

東京オリンピック期間中のアシスタント募集について(委託)

フランステレビジョンからの委託を受けた(株)オルビメディア様より、東京オリンピック期間中のテレビクルーの運転手兼アシスタント募集のお知らせがありました。ご興味がおありの方はこちらのご案内をご確認のうえ記載された照会先に直接ご連絡ください。

※なおAPEF/仏検事務局ではお問い合わせにはご対応いたしかねますのでご了承ください。

2020年度 合格基準点・合格率

2020年度春季試験は新型コロナウイルス感染拡大により開催を中止しました。
以下のデータは全て秋季試験の実施結果です。

級(季)出願者数1次試験1次試験免除者数2次試験
受験者数合格者数合格基準点合格率受験者数合格者数合格基準点最終合格率
1403名362名54名95点14.9%9名62名54名34点14.6%
1889名763名191名69点25.0%36名212名172名23点21.9%
21,427名1,250名448名59点35.8%48名465名409名20点32.3%
21,548名1,355名820名58点60.5%56名828名764名19点56.1%
32,717名2,446名1,542名60点63.0%     
42,300名2,111名1,690名60点80.1%     
51,989名1,866名1,593名60点85.4%     

2021年度春季 インターネット申込み 受付中!

24時間、世界中どこからでもお申し込み可能 検定料はクレジットカードまたはコンビニで お申し込み期限は願書締切の1週間後までOK 合否結果を郵送より一足早く確認できます


【重要】
ご出願にあたりこちらから2021年度春季試験の開催に関する最新情報をご確認ください。


申込期間:4月15日(木) 〜 5月26日(水)23:59

仏検インターネット申込 メインメニューへ

※以前のお申し込みに取得されたIDは再利用できません。
お申込みの際には新たなIDを取得してください。

お申し込み・操作方法に関するお問い合わせはこちら

仏検受付センター

TEL:03 – 5778 – 4073 / FAX:03 – 3486 – 1075

<2021年度春季> 開設期間:4月15日(木)から6月18日(金)まで

受付時間:月曜日〜金曜日(祝祭日を除く)9:00〜17:00

団体申込

団体受験のお申し込み方法には、受験者が個別に申し込む [A] 個別出願と、10名以上を一括で申し込む[B] とりまとめ出願があります。

[A] 個別出願

avantages

責任者・担当者は受験希望者に
団体コードを知らせるだけ。
事務的な手続きは一切不要です。
defauts

検定料の還付はありません。



<個別出願>出願方法

r-vert1b団体責任者・担当者は、受験希望者に団体コード(5桁の数字)と団体名を伝えます。

r-vert2b受験希望者は、願書郵送申込インターネット申込のいずれかの方法で、各自で出願手続きを行います。団体コードを必ず記入のうえ、出願期間中にお申し込みください。

[B] とりまとめ出願

avantages

10名以上のとりまとめで
検定料の1割が
団体に還付されます。
defauts

インターネット申込は利用できません。
とりまとめ担当者には願書・検定料の
集約や書類の作成にかかる
事務作業が発生します。


<とりまとめ出願>出願方法

r-vert1b団体責任者・担当者は、受験希望者に団体コード(5桁の数字)と団体名を伝えます。

r-vert2b受験希望者は、願書に団体コードを含む必要事項を記入し、検定料と共にとりまとめ担当者に提出します。

※各受験希望者から団体担当者への検定料の納入形態については、各団体でルールを定めて行っていただき、当協会は一切関与しません。

r-vert3bとりまとめ担当者は、全員分の願書と検定料を集め、「団体・準会場取扱申込書」と「受験申込者一覧」を記入・作成します。

wordフォーム2021年度春季 団体・準会場取扱申込書(word) pdf申込書PDF

wordフォーム団体受験申込一覧(word) pdf一覧PDF


※ 「受験申込者一覧」は所定の書式以外のリストを用いることもできます。くわしくは仏検事務局までお問い合わせください。

※ 団体受験者の受験票、結果通知書、合格証書について、本来は受験者個人に送付されますが、団体で一括して受け取りたい場合は、取扱申込書の所定の欄にチェックを入れてください。

r-vert4bとりまとめ担当者は、検定料を一括で納付します。受験者数がのべ10名以上(併願は2名でカウント)の場合、検定料総額の10%を事務連絡費還付分として差し引いた金額をご入金ください。

<検定料ご入金先>

郵便振替00130-8-40484  公益財団法人フランス語教育振興協会
銀行振込みずほ銀行 九段支店 普通口座8034198
公益財団法人フランス語教育振興協会 検定口
三井住友銀行 飯田橋支店 普通口座5061932
公益財団法人フランス語教育振興協会

※請求書の発行を希望される場合や、ご入金が出願期限以後に行われる場合は、別途仏検事務局までご相談ください。

r-vert5bとりまとめ担当者は、全員の願書と、「団体・準会場取扱申込書」、「受験申込者一覧」を出願締切日までに仏検受付センターに送付します。

<願書・書類ご送付先>

郵送〒150-8681 渋谷郵便局留 仏検受付センター
宅配便〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-4日本情報産業(株)5F 
       仏検受付センター

※団体受験ついてご不明な点やご質問は仏検事務局までお問い合わせください。

 

出願・受験に関する規約

実用フランス語技能検定試験(仏検)
出願・受験に関する規約

2021年度春季試験については、開催概要ページに掲載の「新型コロナウイルス感染症対策についてのお願いとご案内」を事前に確認し、同意のうえご出願ください。

1. 総則

1.1 実用フランス語技能検定試験(以下「仏検」)は、公益財団法人フランス語教育振興協会(以下「当協会」)が文部科学省および在日フランス大使館文化部の後援をうけて実施するフランス語の技能検定試験です。

1.2 出願者および受験者は、以下の事項に同意した上で出願・受験を行うものとし、その内容を遵守する義務があります。

2. 受験資格・条件

2.1 年齢・職業・学歴・国籍などにかかわらず、受験資格に制限はありません。

2.2 過去に受験した級やその合否に関係なく、どの級でも受験できます。

3. 出願について

3.1 試験概要の確認

・実施級、各級の検定料、試験時間等の試験の概要および受験方法や注意事項等を確認した上で、所定の申込手順に従い出願してください。

3.2 出願時の氏名・住所について

・漢字で記入された氏名・住所について、電算処理上入力不可能な文字は、一般通用の漢字もしくは平仮名(JIS第一水準・第二水準)で表示されます。

3.3 1次試験免除申請について

・1次試験免除申請は出願時に限り受け付け、出願後の申請は認められません。そのさい、検定料の割引は一切ありません。なお、1次免除有資格者が、1次試験を受験した場合には、免除申請の有無にかかわらず、1次免除資格が無効となります。

3.4 特別措置および配慮の申請について

・障がいやお身体の不調等により受験に不自由がある方は、出願期間中に仏検事務局に連絡・相談の上、特別措置の申請を行ってください。できる限りの対応を検討します。出願期間以降の申請はできません。また、申請事由によっては、別途書類の提出が求められる場合や、申請を受け付けられない場合があります。

3.5 インターネット申込について

・ID取得にはメールアドレスが必要です。日本語のメールアドレスにはシステムが対応しておらず、登録できません。
・携帯電話のメールアドレスや、フリーメールアドレス(無料メール)で登録された場合、メールの受信に遅延や障害が生じることがあります。このような不具合があった場合でも当協会は責任を負いません。
・IDは季ごとに新たに取得する必要があります。以前に取得したIDを季をまたいで再利用することはできません。
・IDおよびパスワードの管理は出願者本人が行います。IDおよびパスワードの漏えい、違法利用などから生じた損害に対して当協会は責任を負いません。
・通信機器、通信回線およびコンピューター等のシステム機器(出願者、プロバイダー、通信事業者、当協会の各々のハードウェア、ソフトウェアおよびそれらをつなぐ通信回線のすべてを含む)の障害や、第三者の妨害、侵入、情報改変等により出願できなかった場合、それらの事由によって生じた損害に対して当協会は責任を負いません。

3.6 願書郵送申込について

・願書を送付せず、検定料を納入しただけでは受付とはなりません。
・願書受付期間終了後に投函された願書は受付しません。

4. 団体受験について

4.1 団体受験を実施する団体は、氏名と成績の開示について団体受験者に周知させなければなりません。受験者の同意を得ていることの証左として毎年「個人情報の開示に関する同意書」を提出してください。

4.2 団体受験でとりまとめ出願を実施する場合、出願者から団体担当者への願書提出および検定料の納入形態については、各団体が取り決めるものとし、当協会は一切関与しません。

5. 出願登録内容の変更について

5.1 出願のキャンセルについて

・出願後、いったん納入された検定料は、理由のいかんにかかわらず返金できません。また、次回への振替も認められません。

5.2 受験級の変更について

・出願期間中にかぎり、受験級の変更を受け付けます。ただし、下位の級に変更する場合も、はじめに納入した検定料との差額は返金されません。上位の級への変更や、単願から併願への変更にあたっては、差額分の検定料を期間内に追加納入する必要があります。

5.3 受験地の変更について

・1次試験受験地の変更は出願期間中にかぎり受け付けます。
・2次試験(1・準1・2・準2級のみ)受験地の変更は、1次試験終了の1週間後までは受け付けますが、それ以降は一切認められません。
・国内受験地からパリ会場受験への変更を希望する場合は、検定料の差額を納入しなければなりません。

5.4 試験時間の変更について

・1次試験の試験時間および2次試験の集合時間は一切変更できません。

5.5 氏名・住所・連絡先の変更について

・出願時に登録された氏名や住所等に変更が生じた場合は、すみやかに仏検事務局まで連絡してください。

6. 受験票について

6.1 ・1次試験および2次試験の受験票は、試験日の約6日前までにお送りします。受験票の発送をもって出願受付の確認となります。

6.2 郵便受けにお名前が入っていないと、受験票等の通知が届かない恐れがあります。必ずお名前を入れておいてください。

6.3 受験票の未着に関するお問い合わせは、電話でのみ受け付けます。対応は試験前々日の営業時間内(金曜日17時)までで、それ以降は応じられません。また、未着問い合わせ期間内にお問い合わせがなく受験できなかった場合、当協会は一切その責任を負いません。

6.4 試験日までに受験票に記載された情報および注意事項を受験者自身が確認してください。

6.5 受験票に記載された試験会場・時間の変更には一切応じられません。

6.6 氏名や住所の訂正や変更については、試験当日に会場で申し出るか、仏検事務局まで連絡してください。

7. 受験時の注意事項

7.1 注意事項の遵守

・試験当日は、本規約および受験票、問題冊子表紙に記載された注意事項を確認し、遵守してください。
試験場内では試験監督者および試験場係員の指示に従ってください。 指示に従わない場合、および試験進行の妨げとなる行為があった場合、退場となることがあります。

7.2 携行品について

・受験時には受験票で指示された携行品(受験票/筆記用具/身分証/時計)を持参してください。試験中、それ以外の私物はかばん等にしまってください。
・携帯電話を時計として使用することはできません。電源を切り、他の私物と同様にかばん等にしまってください。
・試験会場内での貴重品や手荷物の管理は受験者自身が行ってください。当協会は盗難、紛失その他について一切責任を負いません。
・拡大鏡・医薬品等の持ち込みが必要な方は、出願時に配慮希望として申請してください。
・飲み物については、1次試験では、ふた付きの容器に入っており、かつ容器に文字の表記がないものであれば持ち込みを認めます。ただし、監督者が試験環境の保全の妨げになると判断した場合は、持ち込みが認められないことがあります。2次試験では試験室への飲み物の持ち込みはできません。

7.3 本人確認について

・運転免許証、パスポート、学生証、勤務先発行の身分証、保険証等、本人を証明する公的な書類が必要です。身分証に写真が付いていない方は、受験票の所定の欄に顔写真を貼ってください。身分証ないし顔写真の提示がなく本人であることを確認できないときは、受験をお断りする場合があります。

7.4 遅刻時の対応について

・1次試験では、試験開始後、規定時間以内(1〜4級は試験開始後30分、5級は同20分)は試験室への入室を認めます。ただしその場合も、試験時間の延長等の措置は行いません。規定時間を超えて遅刻した場合は受験できません。なお、パリ会場では遅刻入室は一切認められません。
・2次試験では遅刻入室は一切認められません。
・公共交通機関の遅延や運休による遅刻・欠席については、その事実を証明できる証票等をご提示ください。証明できるものがなければ対応いたしかねます。

7.5 途中退室・再入室について

・1次試験では、原則として試験途中の退出はできません。ただし、筆記試験中は、やむを得ない事情がある場合に限り、一時退室・再入室が可能です。書き取り・聞き取り試験の開始後に途中退室した場合、再入室は認められず、そのまま欠席扱いになります。
・1〜準2級の1次試験では、筆記試験と書き取り・聞き取り試験の双方を受験しないと欠席扱いになります。

7.6 試験中の注意事項

・問題の内容についての質問にはお答えできません。
・以下に例示する不正行為が認められた場合、失格となります(検定料は返還されません)。また、次季以降の受験資格も失うことになります。

(1) カンニング行為 (カンニングペーパーや参考書などの使用、他の受験者の答案を見ること、他の受験者から答えを教わること等)。
(2) 試験時間中に、他の受験者を利するような行為をすること。
(3) 試験問題を漏えいすること。
(4) 試験室において、他の受験者の迷惑となる行為や試験進行の妨げとなる行為をすること。
(5) 出願者以外の者が出願者に代わって受験すること。
(6) その他、試験の公平性を損なう行為。

7.7 インフルエンザ、その他感染症への対応について

・インフルエンザ、その他感染症<学校保健安全法施行規則(昭和三十三年文部省令第十八号)第18条に定める各種感染症を指す。以下同様> に罹患している場合、および医師の診断を受けていなくても罹患が疑われる場合は、受験を控えてください。インフルエンザその他感染症に罹患している、または罹患を疑われる場合、試験会場にて受験をお断りすることがあります。インフルエンザ等の流行期には、マスクの着用、手洗い・うがいの励行、携行消毒液の携帯・使用等、主体的な感染予防にご協力ください。
・試験会場として使用予定の大学、高等学校等での施設においてインフルエンザ等の感染が報告された場合、当該会場での試験を中止または延期する可能性があります。試験の中止や延期等が発生した場合には、ただちに当協会のホームページにおいて措置の内容または事後対応に関するご案内を公表します。

7.8 その他の注意事項

・災害・事故などの場合、試験開始時間を繰り下げたり、試験を中止したりすることがあります。
・ふりがな付き問題冊子は出願期間中に申請があった方にのみ用意されます。当日のお申し出には対応できません。
・試験問題の一部または全部を当協会の許可なく、他に伝え、漏えい(インターネット等への掲載を含む)することを禁じます。
・試験会場内での録音・撮影を禁じます。また試験に関して知り得た情報全般を他者に開示し公開することを禁じます。
・試験終了後、問題冊子は持ち帰ってかまいません。正解例は仏検ホームページで閲覧できます。

8. 受験後について

8.1 1次試験結果通知書および3・4・5級の合格証書は1次試験の約4週間後に、1〜準2級の2次試験結果通知書および合格証書は2次試験の約3週間後にお送りします。

8.2 インターネットでの合否結果閲覧は、インターネットで出願を行った方のみ利用できます。閲覧の開始は当協会からのメールをもって告知します。

8.3 欠席者への結果通知は行いません。1次試験の欠席者は試験終了後に仏検事務局に申し出れば問題冊子と正解例を受け取ることができます。

8.4 郵便の未着、汚損・破損が発生した場合、ならびに個人情報の誤りや変更がある場合はすみやかに仏検事務局まで申告してください。

8.5 問題内容および採点結果、合否については一切異議申し立てできません。

9. 免責事項、損害賠償、責任の制限

9.1 当協会は、台風や大雪等の自然災害や大地震、伝染病の流行等、不測の事態発生時は試験を中止する場合があります。その場合は仏検ホームページへの掲載等を通じて受験者、および団体申込責任者へ通知いたします。
当協会は、出願者が仏検を受験したことにより、または受験できなかったことにより発生した一切の損害について、検定料の返金を含め、いかなる責任も負わないものとします。
試験の変更、遅滞、中止等に基づく損害についても同様とします。

9.2 試験会場における受験者(その保護者等の付添者を含む)間のトラブル等については、当協会は一切責任を負いません。

9.3 準会場の取扱責任者および試験運営責任者による不正等が発覚し、当協会の判断により当該準会場における試験が無効とされた場合、受験者に対するすべての責任は当該準会場の取扱責任者および試験運営責任者が負い、当協会は一切の責任を負わないものとします。

9.4 出願者は、仏検受験に際し、当協会または第三者に損害を与えたときは、その損害を賠償するものとします。

9.5 本規約に別途定める場合を除き、いかなる場合においても当協会が受験者に対して負う責任は、当該受験者が実際に支払った検定料総額を上回るものではありません。

10. その他・一般事項

10.1 合格証明書について

・合格証明書の発行は、その季の結果通知・合格証書の発行後のみ承ります。
・合格証明書には合格した時点で登録された氏名が記載されます。発行申請の時点で氏名が変わっている場合も、記載される氏名に変更や追加を行うことはできません。

10.2 個人情報の取り扱いについて

・出願時に登録された個人情報は、当協会ホームページで公開されている保護方針に則って取り扱います。

10.3 ご意見・お問い合わせについて

・仏検に関するご意見やお問い合わせは、書面(郵送・ファックス・電子メール)で寄せられた場合のみご回答します。

10.4 本規約の変更について

・当協会は本規約を出願者・受験者および団体申込責任者へ予告することなく変更することがあります。また、変更後の本規約については、当協会が別途定める場合を除いて、仏検ホームページ上に掲載した時点より効力が生じるものとします。


公益財団法人フランス語教育振興協会
2016年8月23日
2017年4月27日改訂
2019年8月26日改訂

団体受験について

団体受験とは

学校や企業などで、複数の受験者を1つの団体コードでまとめて管理する制度です。

団体受験のメリット

roundvert試験終了後、団体責任者にあてて、団体別点数結果表を発行します。試験結果を一覧で確認できるため、成績の管理がスムーズに行えます。

roundvert10名以上を一括で申し込む「とりまとめ出願」(願書郵送申込のみ)で、検定料の10%が事務連絡費として団体に還付されます。

roundvert学校や企業などの施設を準会場として開設し、団体単位で受験することも可能です。

団体受験 実施の流れ

1 団体登録(団体コードの取得)

団体責任者・担当者が5桁の団体コードを取得します。学年別など、一度に複数の団体コードを取得することもできます。新規登録をご希望の団体は「団体コード取得申請書」に記入のうえFAXまたはメール添付で仏検事務局までお送りください。

wordフォーム団体コード取得申請書(word) pdf団体コード取得申請書(pdf)

2 個人情報の開示に関する同意確認書の提出

団体受験者の氏名および成績は個人情報に該当します。試験終了後に団体別点数結果表の送付を希望する責任者は、氏名と成績の開示について団体受験者に周知させ、同意を得ていることを確認せねばなりません。また、毎年、個人情報の開示に関する同意確認書に記入し、仏検事務局に提出していただきます。

3 団体受験のお申し込み

団体受験のお申し込み方法には、受験者が個別に申し込む「個別出願」と、10名以上を一括で申し込む「とりまとめ出願」があります。くわしくは団体申込のページをご覧ください。


4 受験 (一般会場または準会場)

団体受験では、一般会場受験と準会場受験のいずれかをお選びいただけます。

一般会場で受験する場合は、受験地は受験者が各自で選択してください。学校や企業などの施設で準会場を実施する場合は、事前の申請が必要です。

5 団体別点数結果表の受け取り

1次試験・2次試験それぞれの終了後、受験者への結果通知発送と同日に、団体責任者宛に「団体別点数結果表」をご郵送します。ichiranhyo-sample

結果表では、団体内の合否状況や合格率のほか、個人成績を級別に一覧化しています。







仏検団体賞について ●
2013年度より文部科学大臣賞団体賞が創設されました。仏検における団体出願者数やその増加率および試験結果等を勘案し、年度を通じたフランス語教育への取り組みを総合的に判断した上で、特に優秀と認められた3団体に授与されます。過去の受賞団体については「仏検だより」で「団体賞 受賞のことば」をご紹介しています。

※団体受験ついてご不明な点やご質問は仏検事務局までお問い合わせください。

受験票・結果通知発送予定

日本国内での受験票・結果通知は以下の日程で発送を予定しています。

2021年度春季試験

案内・通知発送予定日未着問い合わせ期間
1級 
2級 準2級
3級 4級 5級
受験票 6月8日(火) 6月14日(月)
〜6月18日(金)
1級 
2級 準2級
1次結果通知 7月8日(木) 7月13日(火)
〜 7月16日(金)
3級 4級 5級最終結果通知 7月14日(水) 7月19日(月)
〜 7月30日(金)
3級 4級 5級合格証書7月14日(水) 7月19日(月)
〜 7月30日(金)
1級 
2級 準2級
最終結果通知8月6日(金) 8月16日(月)
〜 8月23日(月)
1級 
2級 準2級
合格証書8月6日(金) 8月16日(月)
〜 8月23日(月)

郵便受けにお名前が入っていないと、受験票・通知等が届かない恐れがあります。
お名前を入れるか、事前に郵便局にご相談ください。

【重要】
受験票の未着お問い合わせ期間中にお問い合わせがなく受験出来なかった場合、当協会は一切の責任を負いません。

WEB合否結果閲覧期間

WEB合否結果閲覧はインターネットで出願申込を行った方のみご利用いただけます。
閲覧開始は結果通知発送日の午前中にお知らせメールの送信をもって告知します。

パソコン: 仏検インターネット申込メインメニュー からマイページにお進みください。
閲覧には出願時のIDとパスワードが必要です。
携帯電話:閲覧ページに直接アクセスしてください。
受験票・結果通知等にアドレスおよび2次元バーコードが記載されています。
閲覧には出願時のIDと受験番号が必要です。
結果閲覧期間
1級  2級 準2級1次結果 7月8日(木)〜 7月21日(水)
3級 4級 5級最終結果 7月8日(木)〜 7月21日(水)
1級  2級 準2級最終結果8月6日(金)〜 8月25日(水)

年間実施日程・受付期間

2021年度 春季試験

実施級

1級 2級 準2級 3級 4級 5級

実施日程

1次試験(1・2・準2・3・4・5級) 2021年6月20日(日)
2次試験(1級・2級・準2級の1次合格者対象) 2021年7月18日(日)

受付期間

・願書郵送によるお申し込み  : 2021年4月15日(木)〜 5月19日(水)消印有効
・インターネットでのお申し込み: 2021年4月15日(木)〜 5月26日(水)23:59まで

  ※お申し込み方法については「 出願方法と受験の流れ 」をご覧ください。

2021年度 秋季試験

実施級

準1級 2級 準2級 3級 4級 5級

実施日程

1次試験(準1・2・準2・3・4・5級) 2021年11月21日(日)
2次試験(準1・2・準2級の1次合格者対象) 2022年 1月23日(日)

受付期間

・願書郵送によるお申し込み  : 2021年9月上旬〜
・インターネットでのお申し込み: 2021年9月上旬〜

1次試験免除について

  • 1級・準1級・2級・準2級を受験し、1次試験に合格され、2次試験が不合格、あるいは2次試験を欠席された方は、次季受験(*)のみ、1次試験を受けることなく2次試験から受験できます。
    *1級・準1級は、翌年度の受験、2級・準2級は、次の季の受験の1回のみに限ります。
     それ以上の年度・季にさかのぼって申請することはできません。
  • 1次試験免除を申請するためには、願書またはインターネット申込「出願情報入力」画面の1次免除申請欄に、免除申請の対象となる年度・季・会場コード(6桁)・受験番号(8桁)を記入する必要があります。1次試験を受験した際の結果通知書または受験票を大切に保管しておいてください。万一紛失された場合は、仏検受付センターまでお問い合せください。
    *前季・前々季の出願時に送付を希望された方を対象にお送りする願書には、あらかじめ当該項目が印刷されています。
  • 1次免除有資格者が、1次試験を受験した場合は、1次免除申請の有無にかかわらず、1次免除資格が無効となります。
  • 検定料の割引は一切ありません。
  • 1次試験免除者の2次試験受験票は1次試験結果通知と同日に発送します。
  • 【2020年度春季試験中止にともなう特別措置】2020年度春季の時点で有効であった1次試験免除の資格は、2020年度秋季に振替受験を利用されなかった場合に限り、2021年度春季(1級・2級・準2級)および秋季(準1級)まで延長されます。

2021年度春学期 受講者募集のお知らせ

2020年度秋学期からの継続受講に加えて、全コースで新規受講者を若干名募集します。
受講資格 をご確認のうえ、以下の要領でお手続きください。

春学期 受講申込方法

【受講申込期間】2021年3月2日(火)から3月16日(火)まで

※締切後の申込も場合によって受け付けますのでご相談ください。

● 継続受講の方

上記期間内に 受講登録 を終えてください。

● 新規受講希望の方

申込書(word)をダウンロードし、必定事項をご記入のうえ、cours@apefdapf.orgまでメール添付でお送りください。折り返し受講対象クラス、入学テスト受験の要不要などをお知らせします。

wordフォーム 申込書(word)   pdf 申込書(pdf)

入学テストは下記の要領で実施します。

2021年度春学期 入学テスト 実施要領

●日時: 2021年3月20日(土) 11:00開始 16:00 終了予定
  <筆記試験> 11:00~12:00 <面接> 14:00時より順次
●会場:オンライン
●受験料:3,300円(税込み)
  ※銀行振込(下記参照)による事前支払い
  ※いったん納入された受験料は一切ご返金いたしかねます

◎ 出願期間: 2021年3月2日(火)から3月16日(火)まで

<入学テスト受験料 振込先 >  
みずほ銀行  九段支店(店番号532) (普)1805436
(口座名義)公益財団法人 フランス語教育振興協会 教育口

※入学テストの免除について

  • 2008年秋季以降の仏検1級、準1級(および対応するDELF・DALF)取得者で、「通訳(準備科)」、「翻訳(基礎科・本科)」を希望される方は入学テスト免除になります。免除を希望される場合は、申込書をお送りいただく際に当該レベルの合格証書またはディプロムの写しを併せて提出してください。
  • 「通訳基礎科・本科」を希望する方への入学テスト免除はありません。

入学テストの結果はテスト実施後3日以内にメールでご連絡いたします。

入学テスト合格者およびテスト免除*で受講決定の知らせを受けた方は 受講登録 にお進みください。

お問い合わせ

公益財団法人 フランス語教育振興協会
APEF青山フランス語プロフェショナルコース担当
〒102-0073東京都千代田区九段北1-8-1 九段101ビル6F
TEL(直通):03-6268-9680 FAX:03-3239-3157
E-mail: cours@apefdapf.org

2次試験当日の緊急連絡先について

2021年1月24日の仏検2次試験当日の緊急連絡先を下記のとおり開設いたします。

【2次試験当日のお問い合わせ】仏検受付センター

TEL:03-5778-4073 
受付時間:2021年1月24日(日)9:00~16:00

※試験を欠席される場合、事前連絡は不要です。なお、欠席された方への最終結果通知の発行は行いません。
※今季を欠席され、次回試験を1次試験免除で出願される予定の方は、お手元の1次試験結果通知兼2次試験受験票を大切に保管しておいてください。

「仏検だより」を更新しました

「仏検だより」を更新しました。

新型コロナウイルス感染拡大による2020年度春季仏検の中止に伴い、年に2回先生方にお届けしているニュースレター「APEF通信」2020年9月号は発行がかないませんでした。
そのような中、お二人の先生がお寄せくださったエッセイを「WEB版仏検だより」として公開します。
ご寄稿いただいたお二方にこの場を借りて御礼申し上げます。


コロナ禍におけるカリタスの複言語教育
櫻木 千尋(カリタス女子中学高等学校 フランス語科主任)

Pouvoir, c’est vouloir !?-仏検が教えてくれたこと
工藤 貴子(弘前大学)

コロナ禍におけるカリタスの複言語教育  ~ 普遍的な愛( CARITAS )をもって人に尽くす人間を育てるために  Femmes pour les autres avec CARITAS ~

櫻木 千尋(カリタス女子中学高等学校 フランス語科主任)

人類の歴史的災厄といっても過言ではないコロナ禍によって、フランス語の学習環境や授業スタイルが大きく変わった方も少なくないのではないでしょうか?

私が勤務するカリタス女子中学高等学校でも、「生徒たちの命を守り生徒の学びを確保する」ため4月にオンライン授業がスタートしました。本校のオンライン授業の取り組みは、サンデー毎日(9月15日発売、毎日新聞出版)の首都圏おすすめ私立中学ランキングの記事において「学習塾の塾長や教室長が選ぶ中高一貫校 オンライン授業で高評価だった学校」で3位に選ばれました。この度、仏検だよりの執筆の機会に感謝しつつ、コロナ禍における本校の取り組みについてご紹介させていただきたいと思います。

カリタスの複言語教育

3人のシスター 本校は神奈川県川崎市にある唯一のカトリックの女子校で、2020 年で創立 60 周年を迎えました。カナダで初の聖人である聖マルグリット・デュービルが創立した「カリタス修道女会」が、戦後日本の社会的緊急課題であった学校教育の充実に応えるために日本へシスターを派遣し、カリタス学園が創立されました。「CARITAS」とは、ラテン語で「愛」を意味します。

創立当初より、英語とフランス語の複言語教育が行われています。中学では、フランス語を週に2コマ(1コマ45分)必修です。高校では、大学受験をする言語を英語かフランス語か選択し、もう一方を第二外国語として学習できます。「中学で複数の外国語を学び、高校進学時に大学受験をする外国語を選ぶことができる」カリキュラムを持つ日本でも珍しい学校の1つです。

オンライン授業開始に向けた怒涛の3週間

3月下旬、教員に召集がかかり、オンライン授業に必要なツール (zoom、Google classroom、Loilonote、Teams) のチェックとzoomの練習がスタートしました。そして4月1日に全生徒に向けオンライン授業開始を発表し、4月3日 〜 5日に全家庭と接続テストを実施、全授業の zoom ID とパスワードを発表、4 月 8 日に教科書と副教材を全生徒に配送し、4月10日から36時間(1日6時間 × 6日間)の試行期間が始まりました。生徒アンケートの結果をもとに、全教員で効果的だった授業のアイディアをシェアし、生徒の負担軽減策(授業時間を5分短縮、休憩を増やすなど)を話し合いました。

オンライン授業でも一人ひとりを大切に

フットサル部の体幹トレーニング

4月21日からは、通常時間割で全科目オンライン授業となりました。「一人ひとりを大切に」という本校の精神のもと、動画配信ではなく双方向的な授業にこだわって進められました。3週目に入り、各教員がチャット機能やブレイクアウトルーム機能を利用し様々な工夫がされていきました。非常勤の先生も含めた Teams を使った情報交換は、オンライン授業力向上に役立ちました。「先生も頑張っているから、私たちも頑張らなくちゃ」「授業が受けられるということがこんなに嬉しくて有り難いことだったんだ!」といった生徒からの声は、我々教員にとって大きな励みとなりました。

本校が大切にしている毎日の「お祈り」もオンラインで行われました。生徒たちは、祈りの時間を通して、医療従事者、この困難に苦しむ人々に心を寄せ、この状況下で自分に与えられた学びのチャンスに感謝し日々をより良く過ごそうとしていました。6月からはオンラインによるクラブ、委員会、奉仕活動、質問会、講習、図書館(蔵書オンライン検索、郵送貸し出し)が再開し、7月からは時差・分散登校開始、8月にはオンラインで夏期講習、留学プログラム、学校説明会が行われました。8月27日から通常登校が再開され、今に至ります。先日の台風の際は、オンライン授業に急遽切り替えました。いつでもすぐにオンライン授業に切り替える準備が出来るよう備えています。

オンラインでできた絆

本校は教科教室型の校舎で、生徒は毎時間移動して授業を受けます。中1にとっては、大きい校舎はまるで迷路のようです。例年、生徒を連れて校舎案内をするのですが、今年はオンラインで実施されました。

毎日の終礼では、生徒たちの強い希望で、お気に入りのものを紹介して質問し合う Show and tell や、積み木自己紹介(お寿司の好きなあやかです、お寿司の好きなあやかの隣の K-pop が好きな千尋です、と記憶しながら自己紹介を加えていくゲーム)やマジカルバナナ、リアルしりとり(リアルなものを画面に映すしりとり)などを行いました。7月の初登校時、「やっと会えたね!」と微笑み合う生徒の笑顔から、オンラインでの様々な交流を通じて、目には見えませんが、確かな「つながり」ができていることを実感しました。

コロナ禍でも普段の学びをとめない工夫

本校は4年前から文部科学省委託事業「グローバル化に対応した外国語教育推進事業」のフランス語の拠点校に指定され、慶應義塾大学外国語センター、中・韓・西・独の先生と共に「新学習指導要領を踏まえた学習指導案の作成とパフォーマンス評価を取り入れた授業づくり」の研究をしています。2020年の新学習指導要領改定を見据えてCEFR準拠のテキスト ( Adosphère / Hachette ) に変えて6年目、オンライン授業でも「読む、書く、聞く、話す」4技能5領域をバランスよく伸ばすカリキュラムを続けました。Smart Note book による音声を組み込んだ教材を画面共有し、音声や映像を駆使し可能な限りインタラクティブな授業を心掛けました。夏休みには、例年通り「学習している言葉が話されている様々な国や地域の多様な暮らしや文化を知り、自分の世界を広げるための課題」を Loilonote でオンライン提出としました。Google Form で「フランス語を学習する意味」を問うと「世界と自分を繋ぐ英語とは違う一歩である」「いろんな言語に触れることに意味があると思う」などの意見が見られました。

オンラインによる仏検・DELF対策講座、フランス語講座

本校は仏検の準会場となっています。今年度は、仏検対策直前講座 (3級、4級)、DELF A1、A2講座、復習講座、漫画やシャンソンで学ぶフランス語など全ての講座が全てオンライン実施です。また、iPad を導入した中学生用の仏検対策 Web 問題も配信しています。受験は義務にしていませんが、白水社の「ふらんす夏休み学習号 仏検5級模擬試験 2020」の無料採点に参加した者はその挑戦を評価しています。2016年には文部科学大臣賞団体賞をいただきました。仏検は、普段の学習や留学の成果を確かめ学習意欲を高めるきっかけとなっています。今後、大学入試における外部検定試験に認められることを願っています。

オンラインで発表の場や交流の機会を確保

外国語発表会 ( The Bilingual Entertainment / Le Divertissement bilingue ) は、40回目を迎える本校の伝統行事です。全生徒が、英語とフランス語で学年ごと、グループごとに特色あるパフォーマンスを披露します。今年度は2021年1月にオンラインでの実施となります。

39回目を迎えるフランス語フェスティヴァル(フランス語を第一外国語として履修可能な学校(雙葉、聖ドミニコ、カリタス、白百合、暁星)による中高フランス語教育連絡協議会が主催)も、教員と生徒による zoom 会議や SLACK による生徒交流を通じて11月のオンライン実施に向けて、準備を進めています。

オンライン発表会 第4回 高校生日本語プレゼンテーション に参加

全日本高校生プレゼンテーションコンクール(主催:国際交流基金パリ日本文化会館 共催:APEF)において、本校の生徒3名(久保、菅原、北川:仏語選択)が最優秀賞に選ばれました。審査員の方から、咄嗟の判断と日々の学習の成果が如実に出るフランス語による質疑応答の力を高く評価していただけたことはとても励みとなりました。

残念ながら日本代表として渡仏は叶いませんでしたが、オンライン発表会に参加できました。改めてパリ日本文化会館と APEF の皆様に感謝いたします。また、ENA や Lyon 政治学院で研修され、外交の現場で活躍されている外務省のスペシャリストの方がフランス語の特別レッスンをしてくださいました。国際平和や教育、演劇に興味を持つ3名にとって自分たちのキャリアを真剣に考える刺激的で貴重な体験となりました。ここでの学びは3人のこれからに大きく関わっていくことと思います。

「デラシネの画家 藤田嗣治のエスプリに学ぶ」



急速に進んだ ICT 化を振り返って

急速に進んだ ICT 化により、授業研究に一番時間をかけることができたこと、Teams によって非常勤と専任の繋がりが強くなり同僚性が増したこと、教科横断的な交流が促進したこと、ライフワークバランスが取れたことは良い点でした。一方、オンライン授業は、対面授業よりも自立した学習習慣の有無によって学力の二極化が進みます。生徒の学習のフォロー体制を強化しながら、ニューノーマルな時代に則した授業力を高めていくことが今後の課題だと感じています。

予測不能な社会を生き抜くための人間力が求められている時代、教員も失敗を恐れず前へ進んできました。その姿を通して、生徒が何かを感じ、自らの学びに活かしていってくれたら嬉しく思います。

多様な価値に対する寛容な心を持つ社会の担い手を育むために

私は、言語は世界を見る窓であると考えています。一か所しか窓がない部屋から見える景色は一つ、しかし、窓をもう一か所作れば、もう一つ別の景色を見ることができます。英語に加えてもう一つの言語を学び世界を見る窓を増やしていけば、様々な物の見方があることがわかり、多様な考え方が身につくでしょう。外国語を学習することで、一人ひとりが程度の差こそあれ、複数の言語を身につけ、言語も文化も異なる他者を尊重する寛容な心や「複言語」力を身につけて行くことを願っています。そのような社会の担い手を育成していくことは、外国語を教える教員の大切な使命ではないでしょうか。

また私は、中等教育の現場で、英語以外の外国語を自分の第一外国語として選ぶことができるという「選択の多様性」も非常に貴重なものであると感じています。高校時代に英語圏とは異なるフランス語を第一外国語として深く学び、異なる物の見方を得た高校生の数は多くはありませんが存在しており、貴重な多様性だと考えています。高校時代に習得した言語能力は、必ず英語や他の外国語にも活かされていきます。彼らが高等教育でさらなる専門性を高め、その多様性が豊かな世界を作っていくことに繋がっていくことを願っています。外国語教育を通して、多様な価値に対する寛容な心を持つ社会改革の担い手となる人材の育成に貢献していけたらこれほど嬉しいことはありません。

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本賞















2020年度秋季試験の開催について

公益財団法人フランス語教育振興協会では、2020年度秋季試験は、新型コロナウイルス感染症への防止対策をとったうえで、1次試験11月15日(日)、2次試験2021年1月24日(日)の開催を前提とした準備を進めています。実施内容は「 受験案内 」の各ページをご参照ください。このページでは開催に関する情報を随時更新してお伝えします。(8月18日初掲、2021/1/6更新)

新型コロナウイルス感染症対策について(8/18初掲、2021/1/6更新)

仏検開催にあたっての最新の感染症防止対策は「 新型コロナウイルス感染症対策についてのお願いとご案内(11月4日更新版) 」でご案内しています。受験される方は出願の前に必ず内容をご確認ください。

「お願い」に記載された「ヘルスチェックシート」は、受験票の裏面に印刷されています。受験票が未着の方や、受験者にやむを得ず同伴される方は、下記のPDFファイルを印刷し、お名前をご記入ください。試験当日、来場前にヘルスチェックを行い、ご来場が可能な場合はチェックシートを会場にご持参ください。※2021年1月6日より、2次試験会場用のチェックシートを公開しています。

pdf ヘルスチェックシート(pdfファイル)

1次試験会場での収容人員制限と抽選の可能性について(9/14初掲、10月23日更新)

出願受付開始当初より収容人員超過時の抽選の可能性についてご案内してまいりましたが、10月21日の出願受付終了後に集計を行った結果、今季は抽選の必要はなく、ご出願いただいた全ての方に受験機会を提供できることとなりました。ご出願いただいた皆さまへの受験票は11月4日(水)に発送いたします。なお、出願期間終了後の1次試験受験地のご変更や追加のお申込みには一切ご対応いたしかねます。

国内会場での受験地と試験会場について(9/30更新)

全国各地の関係者の協力のもと、開催に向けて力を尽くしておりますが、まことに遺憾ながら、不開催が決定した受験地もございます。最新の情報は当ホームページ「 受験地/実施級・試験会場 」でご確認ください。9月30日の時点で開催の見通しが定まった会場名の掲載を開始しました。以後は定まり次第随時更新いたします。

2次面接試験のオンラインでの実施について(9/14初掲・10/23更新)

仏検実行委員会では、2020年度秋季試験の特例として、以下に該当する方を対象に、Zoomによるオンラインでの面接試験(1級・準1級・2級・準2級)を提供することを検討しています。実施の可否は個別に検討のうえお知らせしますので、ご希望の方は出願の前に仏検事務局までメールでご相談ください。なお、ご相談の受付期限は願書郵送締切日(10月14日)とし、それ以降はご対応いたしかねます。【10月23日追記】本件のご相談の受付は終了しました。

(1) 日本国外に居住する(かつそのことを書面で証明できる)1次試験免除の有資格者で、以下の条件のすべてを満たす方。

・仏検事務局が指定する試験実施日時に、身分証の提示による受験者の本人確認ができること
・適正な環境でオンライン面接試験が受けられるパソコン等の機器と、安定した通信環境を準備できること

(2) 日本国内に居住し、1次試験免除の有資格者もしくは1次試験合格後に2次試験のオンライン受験を希望し、以下の条件のすべてを満たす方。

・居住する県で受験を希望する級の2次試験が開催されていないこと
・所属する企業・機関・大学・学校が県外への移動を禁じており、そのことを証明する書類を出願時に提出できること
・仏検事務局が指定する試験実施日時に、身分証の提示による本人確認ができること
・適正な環境でオンライン面接試験が受けられるパソコン等の機器と、安定した通信環境を準備できること

2020年度春季試験中止にともなう振替受験対象者の皆さまへ(8/18初掲)

振替受験のご案内 」(6月9日公開)を今いちどご確認ください。今季の出願受付開始日が当初お知らせした日程から9月15日に変更となりましたことをお詫び申し上げます。6月9日に個別にお送りした振替コードのご案内が未着の方は仏検事務局までお問い合わせください。

2019年度春季1次試験大阪会場の中止にともなう振替受験対象者の皆さまへ(9/4追記)

2020年3月20付で皆さまにお送りした書面において、2019年7月に発行した「受験クーポン」の有効期限を2020年度秋季の出願受付最終日まで延長する旨お知らせしておりましたが、現在の状況に鑑み 「受験クーポン」の有効期限を2021年度春季の出願受付完了日まで再延長いたします。 クーポンを紛失された方は仏検事務局までお問い合わせください。
 今回の決定により、皆さまがお持ちの「受験クーポン」は、上記の2020年度春季試験中止にともなう振替受験対象者が所有する「振替コード」と同等の価値を有することとなります。したがって今後は「2020年度春季試験中止にともなう振替対象者」への各種ご案内を、「振替コード」を「受験クーポン」に読み替えることで、皆さまへのご案内を兼ねるものとしてご参照いただけますようお願い申し上げます。

国内会場の開催が中止された場合の対応について(8/18初掲)

今後、感染拡大の状況によって国や自治体からの要請等が発令された場合には一部もしくは全ての会場での開催中止を余儀なくされる可能性もございます。開催を中止した場合、出願された方には、返金ではなく2021年度春季・秋季いずれかの試験への振り替えをご提案させていただく予定です。ご出願にあたってはこの点についてもご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

パリ会場の開催中止について(8/18初掲)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響が各所に及ぶなか、パリでの試験開催は、実施およびその準備を安定的に行うことが依然として困難であると考えざるを得ず、誠に遺憾ながら パリ会場は秋季試験も開催を中止いたします 。どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。

出願受付開始日の変更について(8/18初掲)

受験地の調整のため、 秋季試験の出願期間は予定から開始を2週間遅らせ、 9月15日(火)に申込受付を開始 します 。従来8月下旬にお届けしている要項・願書やポスター等は9月10日前後の発送を予定してします。ただし、要項・願書に印刷された情報は今後変更される可能性があります。最新の情報を当ホームページにて随時ご確認ください。

遠隔授業での利用を目的とした仏検過去問題の提供について

公益財団法人フランス語教育振興協会は、高校・大学等において遠隔授業でフランス語を担当される先生方を対象として、過去に実施された実用フランス語技能検定試験(仏検)の問題資材(過去問題)の一部を無料で提供いたします。また、同様のお手続きをいただければ、先生方がお手持ちの過去問題を遠隔授業の教材として使用することを認めます。

● 提供期間:2020年4月27日〜2022年3月31日(予定)※当初予定を延長しました
● 提供資材:実用フランス語技能検定試験(仏検)2級・準2級・3級・4級・5級の5つの級について、2015年度春季から2018年度秋季までの4年8季分の問題冊子・正解例・吹込原稿(PDFファイル)およびリスニング音源(MP3ファイル)
● 利用条件:誓約書(当協会所定)の記入提出

過去問題は当協会の貴重な著作物であり、著作権は当協会に帰属します。今回の無料提供は、休校やキャンパスへの立入禁止などの状況に置かれた先生方のご要望を受けた例外的な措置であることをご承知おきください。とりわけ提供資材の使用を前提とした有料講座の開講はご遠慮ください。

従来、仏検の過去問題は当協会の出版物『仏検公式ガイドブック』および『仏検公式ガイドブック セレクション』において公開しています。試験に関する情報や問題の解説など、授業のご準備にご活用いただくとともに、学生・生徒の皆さんには自学習教材として是非『仏検公式ガイドブック』をご推奨ください。個人でのご購入方法は 「APEFの出版物」のページ にてご覧いただけるほか、フランス語ご担当の先生方には、下記注文書にご記入のうえメール添付でお送りいただけましたら2020年度発行のガイドブックおよび公式基本語辞典を特別価格でご提供いたします。なお、3冊以上のご注文は送料無料で承ります。

wordフォーム APEFの出版物 注文書(先生方向け)※2020年秋更新版

ご申請方法

1) 誓約書兼申請書ファイルをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ仏検事務局までメール添付でご提出ください。

wordフォーム 仏検過去問題の遠隔授業での使用に関する誓約書兼申請書

2) 仏検事務局よりメールでダウンロードリンクとパスワードをご連絡します。なお、リンクとパスワードは定期的に変更します。ファイルのダウンロードは速やかに実行してください。

2020年度 年末年始の休業期間についてのお知らせ

公益財団法人フランス語教育振興協会は、2020年12月26日(土)より新年1月5日(火)までを休業期間とさせていただきます。

仏検・翻訳・教育の各業務についてのご依頼・お問い合わせは1月6日(水)以降のご対応となりますことを予めご了承ください。

ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

公式ガイドブック 正誤表アーカイブ

『仏検公式ガイドブック』に誤植・誤りがありました。
謹んでお詫びを申し上げ、訂正いたします。

仏検公式ガイドブック 正誤表

2020年刊行 セレクション

1級pdf ダウンロード

2019年度版

準1級pdf ダウンロード
準2級pdf ダウンロード

2018年度版

準1級pdf ダウンロード
3級pdf ダウンロード

2017年度版

準1級pdf ダウンロード
準2級pdf ダウンロード
3級pdf ダウンロード
4級 pdf ダウンロード

2016年度版

1級pdf ダウンロード
3級pdf ダウンロード
4級 pdf ダウンロード

2015年度版

1級pdf ダウンロード
準2級pdf ダウンロード
5級pdf ダウンロード

2014年度版

1級 pdf ダウンロード
準2級 pdf ダウンロード
5級 pdf ダウンロード

2013年度版

1級 pdf ダウンロード
2級 pdf ダウンロード
準2級 pdf ダウンロード
4級 pdf ダウンロード
5級 pdf ダウンロード

Pouvoir, c’est vouloir !?-仏検が教えてくれたこと

工藤 貴子(弘前大学)

4月下旬、2020年度春季試験中止を知って真っ先に思い浮かんだのは、これまで教師として、仏検試験監督として出会ってきた数多くの学習者の皆さんのことです。今年1月の最終授業が終わり「春になったら仏検を受けたい」と笑顔で教室を後にした学生、「仏検って本当にエキサイティングな機会ですね!」と興奮気味に語っていた女性、すでに1級に合格しながらその実力を維持するため毎回受験している男性、いまどんな思いでいるだろうか、と。

青森県弘前市は人口17万弱の地方都市ですが、弘前大学を会場として毎年仏検が実施され、車で約1時間の県庁所在地・青森市も含めて近隣の市町村からフランス語学習者が腕試しに集結します。人数はただし、こじんまりとしたものゆえ、人様の顔を覚えるのが得意な私は、二度目には「あ、どうも!」なんて声を掛けてしまうほどアットホームな(と自分では思っている)会場です。同じ級に何年もチャレンジし続ける受験生の方とはお互い「エヘヘ」と笑い合う仲。あっちはもしやバツの悪い「エヘヘ」なのかもしれませんが、こっちのそれは正真正銘、親愛と尊敬を存分に表明したもの。試験終了後、廊下で一人答え合わせをする姿や、同じ級を受けた受験者同士が連絡先を交換している場面に遭遇すると、フランス語への深く一途な情熱に毎回胸が詰まり、魂が洗われるような思いをしています。

こんな気持ち、前にも経験したことがある。同じ仏文専攻の同期や後輩がせっせと仏検の願書を書くのを眺めていたあの時。ボリス・ヴィアン、ドビュッシー、澁澤龍彦が好きだからというそれぞれに真っ当な理由でこの仏文コースにいる人たち。ほかにも美術部員、語学の天才、オシャレ番長。学生研究室に堂々と居並ぶ彼らに混じり、自分がここにいるのはまさに「魔が差した」としか言いようがなく、今風に言うなら「コレジャナイ感」。友人たちの果敢なチャレンジを眩しく見つめつつも、劣等感に襲われて一歩も動けなかったあの頃でした。

そんな私を前に、先生はおっしゃった:「アナタの場合、2級取らなきゃ卒業させないよ」

なぬ?
まずい。
そりゃーまずい。
こうなりゃさっさと合格し、とっととフランス語におさらばだ。


かくして私の仏検対策は始まりました。やおら対策クラスに顔を出す。下級生の目が注がれる中、ご指名を受けて黒板の前でひとりディクテする。緊張のあまり耳も気も遠くなり、録音がよく聞こえない。見学に来ていたフランス人留学生が見かねて「ドゥゼル、タカコ!」と助け舟を出してくれますが、それが« deux L »のことだと気づくのにいったいどれだけの時間をロスしたことか。また、別の回ではディクテしながらみなクスクス笑っている。なんとなれば、この時の教材は笑い話。恥ずかしくて顔を上げられず、自分以外に笑えなかった人があの場にいたかどうかは今もって謎。

これほどの劣等感からどうやって逃げようか。でも逃げたら卒業できないし…。バース、掛布、岡田にツーアウトから3連続バックスクリーン本塁打浴びた槙原もまだ現役続行してるもんな(わかりにくい喩えその①。※平成生まれの方は「伝説のバックスクリーン3連発」で検索☝S.V.P. ! )。でもじんましんかゆい…。

こうした堂々巡りの合間を縫って、ひたすらに問題をこなす。そう、得手不得手を考える暇も好き嫌いを思う間もなく、ただ無心でフランス語の音に向かううち、先生が常々おっしゃっていた発音とつづり字の規則性や美しいとさえ感じる明晰な文法体系、それを骨組みにして展開される文章の論理性が、実感としてある日突然胸の中にストンと落ちた。猛吹雪の帰路、正面から顔を叩く雪と風に抗って無心に歩を進め、ふと我に返って見上げると、空にはいつの間にか瞬く星が一面に広がっていた…時のような開放感に、仏検の経験はとてもよく似ています。(わかりにくい喩えその②。※コロナ終息後はぜひ真冬の弘前へ!)

この時、私自身も何かから解放されたのでしょう。俄然フランス語が楽しくなり、あれだけさっさと足を洗おうとしていたこの言語との付き合いがいまだに続いているのだから、人生とは本当に不思議です。さまざまなコンプレックスから逃れるには結局のところ、それに真正面から向き合うしか方法がなく、突破口はそこにこそ見出せるものだと信じるようになりました。仏検を通して、私は自分なりの人生の歩き方まで見つけたと言ったら言い過ぎでしょうか。


 « Vouloir, c’est pouvoir. »という表現があります。留学したい、フランス語を使って働きたい、あの小説を原書で読みたい、あのサッカー選手のインタヴューがわかるようになりたいなど、フランス語やフランスへの「望み」を原動力に猛勉強を重ね、それを通してフランス語で「できる」ことがどんどん増えてゆく。フランス語教育振興協会HP「合格者の声」https://apefdapf.org/voixには、そうした方々のポジティブな体験談が数多く寄せられていて勇気づけられます。

しかし、苦手意識を乗り越えて「できる」ようになったことをきっかけに、今後フランス語を使って挑戦したい「望み」を語る人にも、私は強いシンパシーを覚えます。「選択必修なんで」「消去法で」と初回授業で不安そうに座っていた学生の目に徐々に生気が宿り、学期末にはオススメ参考書や留学、そして仏検の相談に来る学生を数多く見守っていると、拙文のタイトルとした« Pouvoir, c’est vouloir !? »もあながち間違いでもないかという気もしてきます。

自分には少し遠いかもしれない目的地を設定した時、不安や力不足を感じることは誰にでも起こることです。しかし、その距離を走破「できる」時、新しく「したい」ことが生まれる。これを繰り返しながら目の前の風景は次々と更新され、学ぶ喜びはいつまでも尽きることがありません。道の向こうのまだ知らない景色は、実はまだ会ったことのない新しい私たち自身なのです。


本学では2017年度以降、英語以外の外国語が選択必修から自由単位扱いとなったこともあり、履修者数はかつての1/3程度にまで減少しています。かろうじて人文社会科学部の学生には専門課程でフランス語実習を履修する道が残され、ここでフランス語の知識や運用能力を向上させ、協定校のボルドー・モンテーニュ大学へ留学する学生も毎年出ています。しかし、こうした全学的な制度変更によって他学部の多くの学生が新しい言語との出会いを逸しているとすれば、その言語を通して「できる」ことも減り、その後見つけるかもしれない「したい」ことにもたどり着けません。

一方、市民の立場で見れば、組織立ったフランス語学校のない弘前では独学を余儀なくされる人も多く、この状況を憂慮したある同僚はフランス人留学生と市民・学生を繋ぐフランス語レッスンを文字通りの手弁当で始めています。本学は弘前にいながらにして世界へと開かれうる機会を広く市民にも提供する、最後の砦であり続けなければならないという一心からです。

そして2014年からは人文社会科学部の学生有志が中心となって「弘前×フランス」プロジェクトを立ち上げ、中心商店街活性化とともにフランス文化の紹介や国際交流・多世代交流の場を設けるイベント”Fête Française à Hirosaki~フランス日和”を毎年9月に行っています。フランス風マルシェが立つ広場でフランス語話者をゲストに招いたトークショー、フランス語と津軽弁による詩の朗読、弘前ペタンク協会のご協力を得たペタンク体験コーナーなど、弘前にフランス文化を掛けた新しい魅力を届けたいという想いは徐々に市民の皆さんに浸透し、来場者数も年々増加しています。また、サポートに入ってくださった神戸大学、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス、宮城学院女子大学、大阪産業大学、近畿大学の教員学生有志の皆さんとのディスカッションを通してこの活動への新たなヒントを得、学生自身の内面にも掛け算現象が起きていることでしょう。

vouloir とpouvoir は自転車のペダルのようなもので、片方が動けばもう片方も自然に動き出し、それを踏む私たちはぐんぐんスピードを上げて進みます。この二つの動詞の間にあるものの一つが仏検や大学であることを、私は自分自身の経験や仏検会場で出会った皆さん、そしてネットで目にする学習者の方々の声から実感します。そしてそこには、学ぶ人の数だけかけがえのない物語やフランス語への想いがあることも知りました。それらを大切に抱きつつ、仲間を求めて人が集まって来る広場のような場所であること、それが仏検や大学の役目ではないでしょうか。


思いもよらない仏検中止の知らせから半年。不確定な未来を想像したり憂いたりしながら、この期間もずっと仏検を目標にしてきた学習者の皆さんに、私が初めてディクテで20点満点の19点をもらった答案に恩師が記した言葉をそのまま、尊敬とエールを込めて最後に贈ります:「自信と希望を持って、これからも地道な努力を続けてください。地味な努力を続けられる力こそ、真の才能なのですから」。

 

 

受験票を発送しました

11月15日開催の2020年度秋季1次試験の受験票は11月4日(水)夕刻に都内郵便局より投函いたしました。未着のお問い合わせは11月10日(火)より承ります。

受験票の発送にともない、秋季試験の実施における新型コロナウイルス感染症防止対策を更新しました。受験者の皆さまにおかれましては、ご来場の前にかならず「秋季試験開催について」のページ、とりわけ「新型コロナウイルス感染症対策についてのお願いとご案内(11月4日更新版)」をご確認いただけますようお願い申しあげます。

「Le Jour du prof de français」インタビューへの参加募集について

フランス大使館文化部より、11月26日にオンラインで開催される「Le Jour du prof de français」の企画として、フランス語の遠隔授業に関するインタビューへの参加の呼びかけが届きました。オンラインでのインタビューは10月12日~23日にZoomで実施されるとのことです(所要時間15分程度)。フランス語を教える先生方でご関心がおありの方は、実施要領をご確認のうえ、直接ご担当までご連絡ください。

フランス語学習から広がる楽しさとは

2018年春季4級・5級併願合格
尾崎 水由羽
学生(福山市立大学)・広島県

私は、小さい頃にテレビで見たフランスの景色や文化に憧れを抱き、いつか訪れてみたいと思っていました。大学では、第二外国語としてフランス語を約1年間学習しました。フランス語は、発音が難しく文法も英語より複雑になり習得は容易ではありませんでしたが、コミュニケーション中心の授業であり、フランス文化(歌、食、慣習等)に触れる体験も織り込まれていました。そのため、現地に行き実際に経験したいという具体的なイメージが、私の中でどんどん膨らんでいきました。

4001kk01

4001kk02

福山市立大学では、フランス研修が実施されており、提携大学(L’UNIVERSITE PARIS EST CRETEIL:UPEC)との交流や平和教育活動等を行っていることを知りました。実際にフランスに行ってみたいという思いはもちろん、幼児から大学院生や先生方のような様々な年代の人と交流できるプログラムに魅力を感じ、フランス語学習の成果を試してみたいと思い、参加を決めました。このプログラムでは、訪問する教育機関・図書館で、「被爆アオギリ物語 そばにいるよ~いっしょにあるいていこう~」という紙芝居のフランス語公演や折り鶴をつくる活動等を行います。そこで、現地で自分の思いを表現し相手の思いを受け止めるコミュニケーション力向上と実用的フランス語のレベルアップを目指し、仏検受験を決めました。授業以外でもフランス語担当の先生と学内で会うとフランス語で会話をするようにし、語彙を増やすためには関連する語句をまとめて覚えるように意識しました。また、友人と勉強会を開催し、フランス語への反応力を高めるため、互いに質疑応答を繰り返しました。

2018年春、仏検5級と4級を両方合格し、その後参加したフランス研修では、仏検に向けて培った力に加え、ジェスチャー等あらゆる身体表現を駆使して交流活動に必死に取り組みました。私が話す言葉が通じ、意思疎通ができたときは本当に嬉しかったです。何より、自分で本物に触れ、体験することが大切だということを痛感しました。フランス語を学習することで、他の言語を話す世界の様々な人と繋がりを持つことができることを実感し、新しい友達ともっと仲良くなるために、もっと話せるようになりたいとさらに大きな展望を持つことができました。

私は現在、小学校教員を目指しています。フランス語学習を通して得た学びを生かして、子どもたちが、言語学習の先にある楽しさや人と繋がる豊かさを実感できるような授業を実践したいと考えています。そのために、私自身も学び続け、「学ぶことって楽しい!」という気持ちを子どもたちとともに感じながら成長していきたいです。

4001kk04

 

キャリア形成に役立ったフランス語

2005年春季2級合格
三浦 貴顕
UNHCR職員・コンゴ民主共和国

言語の習得って、大変ですよね。覚えられない、理解できない、話せない、と何だか挫折するためにわざわざ勉強をしているような気になります。しかし、細々と勉強を続けていたことが後に国際協力の仕事を得ることに役立った、という経験をお伝えしたいと思います。

私は大学の第二外国語としてフランス語を学びましたが、大学二年生の後期、フランス語の先生に「あなたは何の上に座っていますか?」とフランス語で聞かれ、いす( chaise )という基礎単語を知らずに答えられなかったので、恥ずかしい思いをしたことを20年近く経った今でもはっきりと覚えています。

皆さんの学習のモチベーションは何でしょうか。私の場合は旅行でした。大学の休みにモロッコやチュニジアの田舎を旅行して、乏しいフランス語力を可能な限り使うと、格段に旅行の楽しみが増えることが分かりました。ごく限られた言い回しと、数字と疑問文くらい使えれば、旅行には多少役立つので、旅行は手軽に学習の成果を感じられる方法だと思います。

もう一つのモチベーションは資格取得でした。就活準備等のために資格を取ろうと思い、大学3年生の時に仏検二級に合格しました。これはむしろこの文章を読まれない方にお伝えしたいことですが、仏検というマイルストーンがあったおかげで、フランス語の勉強にも積極的に取り組め、また客観的に自分の実力を確認できました。

フランス語は、国際協力に興味のある方にはとても重要な言語です。特にアフリカの仏語圏での仕事にはフランス語能力が必須です。私が国際協力の仕事のきっかけを得たのは、アフリカのコンゴ民主共和国の日本大使館で働く、外務省の専門調査員という仕事に応募した時のことですが、そのポストではフランス語力が重要な選考基準であるため、仏検取得等を通じて細々とフランス語の勉強を続けていなければ、開くことのできなかった扉だったと思います。その後、国際協力の仕事を続けることができ、今は再びコンゴ民主共和国のキンシャサで、国連難民高等弁務官事務所( UNHCR )の職員として難民や国内避難民の支援を実施しています。

業務で使えるレベルのフランス語力を持っている人は、日本ではもちろんのこと、世界全体でもある程度限られます。国際協力の分野では数年ごとに転職し続けることも多いのですが、フランス語ができることで、その後のキャリア形成を多少なりとも有利に進めることができたと思います。仕事をしながら新しい言語をゼロから習得するのはとても難しいので、仏検をマイルストーンにしながらフランス語を大学の時にやっておいてよかった、と思っています。

 

 

語学と言語学の間で右往左往する

2019年秋季準2級合格
宮腰 駿
学生(筑波大学)・千葉県

私は大学で言語学 (仏語学) を専攻している。高校時代にフランスのアルザスで話されているアルザス語という地域言語に興味を持ち、大学では言語学を学ぶことにした。最初から「諸言語の中のフランス語」という認識だったため、割と「遠回り」してフランス語に出会った。そして大学に入ってからフランス語とドイツ語を勉強し始めた。

大雑把にいえば私とフランス語の関わりは2種類に分けることができる。

1つ目は勉強や研究を行うための言語としての関わりである。仏語学やフランスの地域言語のことを勉強・研究しようとすれば、フランス語を学ぶ必要がある。まず大学のフランス語の授業で真面目に勉強するようにした。特に毎週課されるディクテには力を入れていた。また専門の勉強の中でもフランス語に頻繁に触れてきた。今から思えば無茶なことだが、1年生の後半にはフランス語で書かれた論文 (単純未来と近接未来に関する論文だったと記憶している) を頭に「???」を浮かべながら読んでいた。とにかく私の勉強の大半は辞書・文法書を「ひきまくり」ながらフランス語の文献を読んでいくことであり、それは今も変わっていない。このよう勉強法は遠回りなのかもしれないが、私の語学的なフランス語の力のほとんどはこのような地味な勉強で身についたと思っている。2年次の仏検受験も上述のような関わりの1つである。

2つ目は言語学の研究対象としての関わりである。言語学的な視線をフランス語に向けると、例えば「フランス語の動詞にはいろいろ時制とか叙法があるけどこれをまとめて説明する方法はないかな?」や「多義語の色々な意味の背後にはどういうシステムが働いているのかな?」というような問題がすぐに思い浮かぶ。また「日本語の『も』や『だけ』ってフランス語にするとなんだ?こういう表現はどうやったら特定できるんだ?」のような言語をまたいだ問題もあるだろう。語学とは違い、言語学では辞書・文法書・論文のなかでこれまで言われてきたことを自明視せずに徹底的に疑うことが必要になる。しかし、語学と言語学の間にはもちろん結びつきがある。語学を学ぶ中で学習者は日常的に様々な謎に出会う。私は作文をしていて「ここは定冠詞じゃダメよ!」と言われてきょとんとしてしまったことがある。そしてこういうことは人に理由を聞いてもよくわからないことが多い。こういう謎を解決するために言語学の知恵 (例えば、冠詞論の研究) を借りてくるのは、遠回りのようで案外、最短距離なのかもしれないと私は考えている。自分が予想していたよりもはやくフランス語学習がすすんだのも、言語学的な知識のおかげだと思っている。だから、おすすめの学習法を問われれば、私は無責任に「語学と言語学の間で右往左往することだ!」と答えるだろう。

私の関心のあるテーマは①フランス語副詞論と②フランスの言語政策と地域言語で、2020年の9月から予定していた初めてのフランス留学では専門的にこのテーマに関しての学びと語学学習を深める予定だった。しかし、コロナウイルスの影響で留学はできなくなった。だが、こういうときだからこそ地道に勉強して力をたくわえることが必要だと気持ちを切り替えている。最近はほとんど経験のなかったフランス語での会話にも関心を持つようにしている。まだまだフランス語についてわからないことの方が多い。そして、毎日のように「この文がうまく解釈できんな...あ、これはそういうことか!いや違うんじゃないか。うーん」と悩んでいる。仏検の合格と賞の受賞はゴールではないのでこれからもフランス語の海に溺れながら努力したいと思う。

 

 

絵の中から聞こえてくる

2019年秋季2級合格
津上 千春
学生(東京藝術大学)・東京都

私はフランス人やフランス語と出会う前に、フランスの絵画と出会いました。 多くの日本人に愛される印象派絵画は、毎年多くの展覧会が開催されますが、私も中学生で美術館に通うようになると、もれなくその魅力に取りつかれました。フランス人がどんな料理を食べ、どんな言葉で話すかまったく想像もできないうちから、絵に描かれたフランスの風景はいつも私の心の中にありました。

そんな体験から学芸員を志すようになり、今は大学で美術史を学んでいます。本来、言語の壁を越えて共感し合えるのが芸術の良いところですが、研究する立場になるとそれだけという訳にもいきません。大学に入ってから、第2外国語としてフランス語を学び始めました。そして最初の授業で、先生の話すフランス語の詩的な響きに引き込まれました。言っていることの意味が分からなくても、ずっと聞いていたいような心地の良い話し方でした。それは不思議にも、ただずっと眺めていたいとフランス絵画に対して抱く印象と似ていました。自分があこがれ続けてきた芸術作品を生み出した国の言葉として、すんなりと心に入ってきたのです。

最初は、フランス語の試験とはどんなものかと思い仏検5級から受験しました。そのうち大学の講義だけでは足りないと思い、仏検合格を目指して独学するようになりました。そこまでフランス語に力を入れている仲間が周りにいなくて孤独でしたが、仏検の合格証書を貰う度に、努力を認めてもらえたようで励みになりました。

昨年、準2級と2級を併願しましたが、特に2級の面接試験は自分一人で練習は難しいと思ったので、大学のフランス人の先生に添削と面接の練習をお願いしました。それから家で何度も何度も、予想問題への答えを唱えました。自分のフランス語を話す能力を評価してもらえる貴重な機会なので、本番で黙ってしまわないように、緊張していても口が覚えていて勝手に動くくらいには練習して行きました。その場で考えて自分の意見を正確に伝えられる段階には、まだまだ自分は達していないと思います。それでも、面接官の方が頷きながら話を聞いて、その内容について質問を返してくれた時、意思が伝わったことがとても嬉しかったです。

現在はCOVID-19の影響で、フランスとの距離が遠くなってしまったように感じます。しかしフランス美術への理解を深めるためには、いつか必ずフランスに留学したいと考えています。今はその時のための大切な準備期間だと思い、準一級合格を目指しながら自分のフランス語に磨きをかけていきたいです。

 

 

時間割(2019年度まで)

2021年度春季試験は、感染拡大防止対策をふまえ、時間割が変更されております。あらかじめご確認のうえ、ご出願ください。

なお、 2019年度までの時間割 はこちらです。

1次試験

春季秋季
1級14:00 〜 17:00準1級14:50 〜 17:25
2級14:00 〜 16:252級10:00 〜 12:25
準2級10:00 〜 12:00準2級15:15 〜 17:15
3級14:45 〜 16:003級10:00 〜 11:15
4級11:45 〜 12:454級13:30 〜 14:30
5級10:00 〜 10:455級15:30 〜 16:15

*春季と秋季では時間割が異なります。
*試験時間の内訳については、「試験内容・試験形式」をご覧ください。
*試験の時間帯は変更になる場合があります。最終的な時間割は受験票でご確認ください。
*パリ会場のみ試験の時間帯が異なります。パリ会場受験のページでご確認ください。

2次試験

時間については、受験票(1次試験結果通知)に個別に記載いたします。
変更は一切受けつけられませんので、ご了承ください。