dapf 仏検

apef アペフ

  • サイトマップ

育児しながら学んだフランス語

2011年 秋季4級合格
前田 順子 (主婦・大阪府)

20年以上も前、法学部生だった私が第二外国語としてフランス語を選択。1年だけの勉強だったこともあり、あまりきちんと覚えることもなく卒業してしまいました。その後就職・結婚・出産と慌ただしく年月が過ぎフランス語からも遠ざかっておりました。そのうち3人の子育てが少し落ち着き、育児以外の見聞を広げるべくフランス語を話したいという思いが募り「初心者のためのフランス語」をカルチャーセンターで学び始めました。

教室での勉強に加え、週1回フランス語で日記をつけ、先生に添削していただきました(おかげで知らず知らずのうちにスペルを覚えていました)。一昨年は「まだまだ無理」と本棚の奥に眠らせていた4級の問題集を、昨年手に取り勉強を開始しました。やればやっただけ頭の中が整理され、語句や文法を覚えることができました。「もしかしたらできるかも・・・」と3級の勉強にもトライ。努力が実を結び受け取ることができた合格証書。本当に嬉しかったです。子供たちにも頑張る母の姿を見せることができました。

思えば、幼稚園の送迎や小学校の行事・夏休みなど、センター通いには制約を受けながらの日々でしたが、教室の先生や同志の方々に支えていただきながら今日まで通い続けることができました。子育て中に自分だけのまとまった時間をとるのは大変だと思います。私の場合、子供達が夏休みなどで在宅している時のセンター通いは必ずお休みして子供たちと向き合う時間とし、フランス語の勉強は出来る時に出来ることをしようと心に決めていたことで、無理なく学び続けることができたように思います。

いつの日かフランス語圏へ旅行して少しでも話せたら…そんな思いを胸に(10年位先かしら?)細く長くフランス語を学んでいきたいと考えています。