dapf 仏検

apef アペフ

  • サイトマップ

たとえ15分間でも毎日フランス語に触れたい

2010年 春季3級合格
原田 明佳 (小児科医)

私は8年前から小児科医として働いています。「フランス語を話せる小児科医」として、いつか、海外で働くのが夢で、なかでも、フランス語圏のアフリカ諸国で、医療従事者として貢献できないものかと思案しています。

もともと語学の勉強がとても好きなので、フランス語の勉強は全く苦ではありませんが、忙しい毎日の中で勉強時間を捻出するのはとても大変で、ひとつのことを継続することの難しさを感じています。

毎日1時間ずつ時間が割ければ、どんどんフランス語力は伸びるのでしょうが、社会人としてそれは現実的ではありません。3時間勉強出来る日もあれば、15分間しか取れない日もあります。でも、たとえ15分間でも、どういう形でも良いのでフランス語に触れる時間を毎日持ち続けることに意味があると信じ、どんなに忙しい日も、フランス語と関わるようにしています。

フランス語を始めたのは3年前ですが、今年の春には準2級に挑戦しようと思っています。会話もまだまだ拙い状況ですし、ほんの少しずつしか前には進んでいませんが、語学に近道なし、日々の少しずつの積み重ねを大切に、これからも頑張って夢に近付いていこうと思います。