dapf 仏検

apef アペフ

  • サイトマップ

仏検が近づくとまるで学生に戻ったように

2010年 春季準2級合格
菊池かずみ (外資系企業勤務)

フランス語に出会ったのは今から8年前、大学の第二外国語の授業がきっかけでした。それまでフランス語はほとんど知りませんでしたが、初めて本物のフランス語を聞いた時はその音の美しさに感銘を受けました。しかしその美しさとは裏腹に、文法、綴り、発音と、どれをとっても非常に複雑で、初めの二年間は全く歯が立ちませんでした。初めの頃は試験前に丸暗記しては忘れることの繰り返しでしたが、その後も学習を続け、夏休みにフランスでホームステイをしたり、フランス人の友達ができたことで、フランス語がより身近なものとなりました。

フランス語を勉強する醍醐味はやはりフランス語話者と親しくなれるということだと思います。英語が国際語としてのシェアを占める中、フランス語学習者と出会うのはフランス語を母国語とする人たちにとって大変うれしいことであるように思います。現在外資系の企業で勤務しておりますが、たまに出会うフランス語圏の方とフランス語で簡単な会話をするだけでグッと距離が縮まります。残念ながら仕事でフランス語を使う機会は今のところあまりないのですが、これからもっとフランス語に磨きをかけて、フランス語を活かした仕事も視野に入れていけたらと考えております。

今年の目標は仏検2級合格です。「フランス語を上達させる」というあいまいな表現ではなく「仏検合格」というはっきりした指標があると自然に勉強にも身が入ります。社会人になり勉強する習慣を失いつつある私ですが、仏検の試験日が近づくとまるで学生に戻ったように机に向かい、試験前の緊張感を味わっています。

2級では面接である程度の会話力が必要になりますので、トピックを決めて短いスピーチをする練習をしていきたいと思っています。そしてやはり基礎は常に重要ですので、動詞の活用やスペルなども今一度復習するつもりです。私が普段から行なっている学習法としては、通勤時にフランス語のニュース番組を見たり、フランス語学習者向けのラジオ番組を聞いたりしています。毎日違うものを聞くよりも同じものを何度も聞いている方が、フレーズが頭に残り、自然と会話でも使えるようになると思います。

フランス語の学習は決して楽なものではありませんので、みなさんも時には苦戦し、投げ出したくなりこともあるかと思いますが、努力は決して裏切りません。また学習過程で出会う講師、友達、ホストファーミリーとの思い出は一生の宝物になります。これからもフランス語を楽しみながら一緒にがんばっていきましょう!